Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 続・千葉ラーメン紀行PartⅠ | トップページ | 続・千葉ラーメン紀行PartⅢ »

2006年3月 5日 (日)

続・千葉ラーメン紀行PartⅡ

本日は昨日の続きです。

『らーめん金竜』を後にした我々一行は、次なる目的の店『味処むさし野』に向かっていきました。

この店は個人的に以前から注目していたお店で、店舗の立地条件の悪さから行ったことがない未知なるお店なんです。

お店はラーメン街道と言えるほどの数々のお店が乱立する街道沿いの一角に鎮座しており、お店の前を通り過ぎるとそこには・・・・・・

十数人の行列!

話し合いの結果、満場一致で今回は見送る事にし、後ろ髪を引かれつつお店を後にしました。

はっきり言って残念ですが、また近いうちにリベンジを果たすと心に決めました。

こうなったらここはラーメン街道、他にもラーメン屋さんは仰山(ぎょうさん)あります。

急遽、予定を変更して誰も訪店した事のない未知なるお店『イブクロミチル』に行く事にしました。

店の駐車場に車を止めて店内に入ると・・・・・

なんと店内に客がゼロ・・・・

誰もいません!

店員さんの『いらっしゃいませ!』と言う大きな声だけが店内に響いています。

途中通りかかったどのお店も行列こそありませんでしたがお客さんがゼロのお店はありませんでしたし、何より土曜日の夕飯時に誰もいないなんて、嫌な予感が脳裏をよぎりました。

各々が味玉ラーメン、ネギラーメン、私は具沢山の名前は忘れてしまいましたが○○ラーメンをオーダーして、待つこと数分!

出てきたラーメンは

_239 ←○○ラーメン¥800也

名前を忘れてしまいましたが、たしか初めて食べる方に食べて頂きたい旨を書いてあったラーメンです。

お店のこの様な告知に弱い私は迷わずオーダーしたのですが、友人のMクンがオーダーした味玉ラーメンとの違いは豚の角煮とコロコロ(サイコロ)チャーシューが入っていることだけで、スープなどは同様のものでした。

デフォのラーメンが¥500と安価なのは好感が持てますが、ベースとなる豚骨スープが弱く何か物足りない感じがし、はっきり言ってあまり美味しいスープではありませんでした。

麺は博多ラーメン風なのですが、それよりも太く縮れているのがスープとマッチしているとは・・・・それに麺に味が全然しなかったのも残念でした。

思い切って博多ラーメンのように低かん水の細ストレート麺の方がスープとマッチして良いのではと思いました。

具のチャーシューや角煮、味玉などは味がしっかりしていて美味しかったです。

店員さんの元気のよさだけが印象に残るラーメン屋さんでした。

_240 店名:らーめん屋イブクロミチル
住所:千葉県松戸市稔台200-7
TEL:047-364-1295
営業時間:11:30~14:30 18:00~翌3:00 休無

何でもこの店は主に埼玉県でチェーン展開している『まめぞう』の姉妹店のようです。

店名が表現しているように替え玉¥150を筆頭にその他のサイドメニューも安価で充実しているのでラーメンと組み合わせて、安価でお腹イッパイ食べてもらおうと言うコンセプトのお店のようなので、あえてラーメンも無難な作りになっているのかもしれません。

明日は今回の紀行で最後に行ったお店を紹介します。

« 続・千葉ラーメン紀行PartⅠ | トップページ | 続・千葉ラーメン紀行PartⅢ »

B級グルメ」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

この件は早く忘れてください。
正直、すまんかった。

決して不味かった訳ではありませんのでドンマイです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/8962549

この記事へのトラックバック一覧です: 続・千葉ラーメン紀行PartⅡ:

« 続・千葉ラーメン紀行PartⅠ | トップページ | 続・千葉ラーメン紀行PartⅢ »