Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月31日 (金)

釣り!

某大型書店での出来事です。

私がある本を買おうとレジの前に並んでいた時、前に初老の男性が並んでいました。

何気なくその男性が手にしていた本を見ると・・・・・

『初めての釣り(基本編)』と言う、いわゆる釣り(フィッシング)に関しての本でした。

その男性が無事に本を買い終わって、いざ私の番にになった時に信じられない光景に遭遇しました。

一見アキバ系のバイト?のお兄ちゃんが前の男性が買った本のスリップ(本に挟んであり売れると書店で抜き取るアレです)の置き場に迷ってました。

この書店はスリップをカテゴリー(ジャンル)別に分けているお店で、レジ前にいる私から丸見えの位置にスリップ置きが置かれているのです。

迷った挙句、彼はそのトリップを・・・・

インターネット関連商品の欄に入れてました。

彼は健全なスポーツである釣りを2ch等の掲示板の釣りと認識したのでしょう!

あんな初老の男性がインターネットの掲示板で釣り行為をしている姿が頭に浮かび思わず吹き出しそうになりました。

そんなHow to本があれば迷わず買いでしょう!

P_fishing01_1

2006年3月30日 (木)

「水曜どうでしょう」 ワロタ!PartⅠ

本日は友人から借りた「水曜どうでしょう」に関して話します。

とりあえずDVDを2枚借りたのですがなかなか面白いです。

私も知らなかったのですが「水曜どうでしょう」とはHTB(北海道テレビ)にて毎週水曜日の深夜に放送されているバラエティーで出演は企画も担当している鈴井貴之氏と北海道では超有名人の大泉洋氏です。

第一弾DVDは『サイコロ1』と『粗大ゴミで家を作ろう』、『闘痔の旅』の3部作で構成されています。

『サイコロ1』は記念すべき一作目の企画でアンルイスのインタビューを東京で収録した後にサイコロ(明治サイコロキャラメル)で行き先を決めながら北海道へ帰ると言うモノでした。

先に書いた出演者2人とチーフディレクターの藤村氏、撮影担当ディレクターの嬉野氏の男4人旅が始まりました。

大泉氏は『聞いてないよ!』を連発!

で、サイコロは・・・

①ラフォーレ(青森)
②We ライナー(新潟)
③オレンジライナー(松山)
④らくちん(盛岡)
⑤ドリームふくふく(下関)
⑥エアポートリムジン(羽田)

となっており①or④は北海道に近くなるのでOK!

⑥はそのまま飛行機に乗って千歳に行くのでOK!

逆に③or⑤は逆方向で地獄のバスツアーが待っているという物です。

そんな中、出た目は・・・・

深夜バスで松山

しかも計画性のない企画で行き先が決まってから時刻表を購入!

この辺での2人のやりとりは他愛もない会話なのですがなかなか笑わせてくれます。

『行きたくネェ~』を連発していた大泉氏が『瀬戸大橋を渡れるよ』という言葉に『それっ!魅力』と立ち直りを見せたり思わずクスッと笑ってしまいました。

約半日をかけて次の日の朝に四国松山に到着!

道後温泉でサクッと風呂を入ったら、直ちにサイコロ!

次なる目は臼杵(うすき)へ・・・

臼杵は大分県でJR、フェリーを乗り継いで昼過ぎには到着!

その後、小倉(PM7:00)~新大阪(PM10:00)~新潟(寝台急行で到着は翌AM8:00)と電車やフェリーを乗り継いでようやく北海道に到着!

しかし最後も新潟から北海道までフェリー!

所要時間は18時間!

もう笑うしかないスタッフ一同!

だいたい到着してすぐにサイコロを振るので観光は一切無し!

殆どのカットが移動で普通なら面白いはずが無いのですがこれが面白いんです。

ご両人がこのVTRを見て振り返っているコメントの中には”この頃は面白くない”って言っていたのですが十分面白かったので今後が楽しみです。

Img327_1








サイコロの旅で大泉氏が痔である事を自身がカミングアウト!

そこで大泉氏の痔を治そうと企画されたのが『闘痔の旅』で湯治場を巡って治療しようとニセコ方面に湯治に出かけます。

行く先々でトラブル続出で清掃中でお湯が無かったり、場所を間違えて水溜りに入ったり、順番待ちで待たされたり、海の中の温泉で時化ていて湯船の中に海水が入ってきて全然風呂の役目を成してなかったり散々なんです。

そして極めつけは最後は本州に上陸して恐山まで行くのですが・・・・

閉山していてジ・エンド!

昔、日テレの深夜枠で”大好き”と言う番組がありましたがこれに通ずる”ダラダラ感”があり、リラックスして見れました。

早くも第二弾も見終わりそうなのでK氏には早く第三弾以降も借りたいと思っています。

2006年3月29日 (水)

昇天!

某ラーメン屋さんでのひとコマ!

若い兄ちゃんが携帯をいじってました。

隣にばあちゃんがいて、ばあちゃんは 「医療機器使ってるから電源切ってください」と言った。

その男は「来たメールを読んでるだけだから」と言って、いじるのを止めない。

隣のスーツを着用したサラリーマンが 「今は読んでるだけでも読んでるうちにメールが来るかもしれないだろ。切りなさい」 と言った。

兄ちゃん、怒り狂った口調で「ああ?!!」 逆切れだ!リーマンやばいぞ!(兄ちゃんはかなりいいガタイ)

見てる人が皆そう思ったとき、兄ちゃんは携帯をリーマンに突きつけながら言った。

「見ろよ!俺に来た最後のメールは4ヶ月前だ! それ以来誰も送ってこないんだよ!今更誰が送って来るんだよ!!! 俺から送る相手もいないんだよ!!!」
みんな黙り込んだ。

しかしその中に一人だけ、無愛想な顔をして彼に近付く若い女がいた。

彼女は男から携帯を奪い取ると何か操作をして、再度男に突き返した。

男が呆然としていると、女は自分の携帯をいじり始めた。

しばらくして、男の携帯が鳴った。

男は目を見開いてぱちぱちさせながら携帯を見た。

もうね、多分みんな心の中で泣いてた。男も泣いてた。

世界は愛によって回っているんだと実感した。

ばぁちゃんは『我が人生に一片の悔いなし』と呟き昇天しました。

Raou

2006年3月28日 (火)

ためになったかな?Part4

本日は久しぶりにトリビア・ネタを紹介します。

第四弾まで間隔があきましたが、これはネタを探すのが大変だからです。

では早速いきます!

10)吉野家の牛丼並盛りツユダクは赤字メニューだった

補足1:当時牛丼並は¥280だった。
補足2:牛丼原価は¥150
補足3:人件費などのコストを1杯あたりで割ると¥170~¥180
補足4:ツユダクで注文されツユを2割増しにすると、さらに¥10のコストがかかる。
補足5:味噌汁や漬物や玉子などで利益を得ている。

11)皇室の食材は御稜牧場のモノ

補足1:御稜牧場は栃木県宇都宮市の郊外にある。
補足2:大きさは約東京ドームの200個分
補足3:馬や乳牛、豚、鶏、羊などの家畜などが飼育され野菜や果物などは四季折々の物が栽培されている。
補足4:野菜類は無農薬
補足5:土の中の病害虫は熱い蒸気で駆除している。
補足6:肥料は野菜や根モノに最も最適と言われている馬糞を使用している。
補足7:どの食材も『本物の味』がすると言われている。

12)車のナンバープレートの平仮名で使われていない文字は4個!

補足1:「ん」は単純に発音しにくい為
補足2:「お」は発音すると「を」と混同する為に使われていない
補足3:「お」の使われていないもう1つの理由はパッと見たときに「あ」と間違えやすい為
補足4:「お」は使われていないが「を」は使われている
補足5:「し」は死を連想するので使われていない
補足6:「へ」は・・・音から連想される物がたいていのドライバーから敬遠されたので使わないようにした

以上です。

BSE問題の再燃で吉野家の牛丼の復活はペンディング状態ですが早く安全性を確立して復活して欲しいものです。

2006年3月27日 (月)

福袋はお得感イッパ~~イ!

本日も昨日同様両国でのカードショーの話です。

最近思うことがあるのですがコレクターさんがブースを借りて出店しているのですが、出店しているディーラーさんや見に来ているバイヤーさんがいつも同じ顔ぶれで飽和状態なのです。

なのでここでも日本経済を襲ったデフレ・スパイラルの嵐が吹き荒れています。

特に顕著なのが各ディーラーさんが作る福袋で以前は1パック¥1000は当たり前でした。

しかし今は・・・・

なんと1パック¥500や¥300の時代に突入しています。

そこで本日は某ディーラーさんから購入した1パック¥500の福袋でGetしたお宝カードを紹介します。

彼の福袋の総数は推定200パック、その中に”当たり”のカードが約20もありました。

なので”当たり”の確率は約1/10なのです。

私は大人買いで¥10000分購入しました。

そしてGetしたカードは・・・・

Img320
←2003 Sweet Spot Signatures Black Ink

ご存知グリフィー選手のAutoカードです。

このシリーズ(2003年のみ)はコンプリを目指しています。

Img322_2 ←2003 Ultimate Collection Game Patch

リッキーウィークス選手のパッチカードです。

ただこのカードのパッチの部分(白と赤)ってブリューワーズのモノなのか疑問が残ります。

Img323 ←2003 Ultimate Collection Buybacks

ミュージアル選手のバイバックでなんと15枚限定のレアカードです。

何も言う事がありません。




Img324 ←2004 SP Authentic Buybacks

ラルフ・カイナー選手のバイバックで20枚限定です。

この選手はAutoカードを乱発している感がして自引きした時なんかは

”またお前かよ!”とツッコミを入れたくなる選手です。


Img325 ←2004 SP Authentic Buybacks

リッキーウィークス選手のバイバックで50枚限定です。

上記に紹介したパッチカードと共に引き当てたカードです。

彼には期待しているのですがセカンドと言うポジションなのでスーパースターにはなれないかな?と思っています。

Img326 2004 Great of the Game Autographs

デール・マーフィー選手のAutoカードです。

この選手のAutoカードにも縁がありこれで5枚目のAutoカードになります。

なので嬉しさは・・・半減です。

総括しますとケン・グリフィーJr選手やスタン・ミュージアル選手のAutoカードなどをGetしたので大収穫だったと思います。

他のディーラーさんのNBA福袋などは1パック¥300で”当たり”がマイケル・ジョーダン選手のAutoカードを筆頭にコービー選手のDual Autoカードなども封入されており、盛り上がってました。

各ディーラーさんがこれだけ安く魅力的な福袋を販売しているので正規品のボックスやパックを購入する人は少ないのでしょう。

各ディーラーさんの福袋(福パック)は安価で楽しめるモノが多いので興味のある方は是非週末の日曜日に両国に足を運んでみたら如何ですか?

きっと掘り出し物に遭遇すると思いますよ!

2006年3月26日 (日)

やりました!ブルズの選手で25枚限定Autoゲット!

本日はもう月末の定例となった両国のカードショーに行ってきました。

いつもの顔ぶれと屈託のない会話を交わしていると本当に癒されます。

やはり共通の趣味をエンジョイできる仲間って大切だと思います。

で、やっぱり本日も一缶持ち帰りました。

出来ればMLBのパックやボックスを購入したいのですが、如何せん昨年Donruss社がMLBから撤退、Fleer社が倒産と4大ブランドのうち2ブランドが姿を消し購入意欲が沸くブランドがないのです。

またMLBがシーズン前なのもニューブランドがリリースされない要因となっており買いたいものがないんです、一方NBAはシーズン真っ只中で大変な盛り上がりとみせておりMak様のアシストもありNBAのボックス(缶々)を購入しました。

で、本日持ち帰ったのは・・・・・

これだぁ~!

img316 ←2005-06 SP Signature Edition

缶にカードが3枚入ったこのシリーズはAutoカードが1枚インサートされています。

勿論、ジョーダンのAutoカード狙いです。

尚、この缶々を選んだ理由は箱サーチでは右に出るものはいないと言われたK氏が選んだ缶で、否が応でも期待感が高まります。

間違いなく私が選ぶよりも彼に選んでもらった方が好結果に結びつく確率が高いと思います。

では早速開封結果の始まり始まり~♪

まずは1枚目

img317
←Brandon Bass選手のルーキーカード499枚限定です。

はっきり言って私はNBAに関してはピヨピヨなので良いのか悪いのか分かりません!

まぁこれは”前菜”みたいな物なのでサクッと次にいきます。


次は3枚目のカードで・・・・

img318
←Jason Williams選手のレギュラーカードです。

このカードは3枚目に封入されていたので”デザート”みたいなモノですね。

このカードを見て気になるのは両膝の周りにシャドーロールみたいのを付けている事で、いったいこれは何の”おまじない”なんでしょうかね?


縁起の良いものなら私も仕事で付けてみようかと思います。

それでは最後にメインディッシュに行きたいと思います。

まずはチラッと見ると・・・・

牛さんのマークが見えます!

これは私でもわかるシカゴブルズのマークです。

これは念願のジョーダン選手に一歩前進です!

次にシリアルを確認すると・・・・・

オッ~~~と!

25枚だぁ~!

燦然と輝く15/25のゴールドナンバー!

もしかしてもしかするぞぉ~!

思い切ってカードの全貌を見てみると・・・・そこには!

ジャ~~~~ン!

img319
←Chris Duhon選手のAutoカード!

はっきり言って誰だか分かりません!

Duhonをデュホンと読みのかデューホンと読むのかさえ分かりません!

しかし彼の二の腕の肌ツヤは尋常じゃありません!

でも全然嬉しくありません!

Mak様の困ったような苦笑いの光景が目に浮かびます。

ちなみBullsの横にGと言うマークが書いてあるのですがこれはゴリラって意味なんですよね!

そうですよね!納得です。

これならY氏のNBA福パックを購入した方が利口だったかもしれません!

最後に親分、スーさん、Makクン、K氏、面白兄弟(兄)サマ 本日はありがとうございました!

2006年3月25日 (土)

映画チーム★アメリカ ワールドポリス ゲロ藁映画でした

本日は友人から借りた映画の話なのですが”こんなの上映していいの?”って思う危険な香りがする作品です。

ずばりタイトルは『チーム★アメリカ ワールドポリス

全編、紐がバリバリに見えている、あやつり人形を使った映画で2005年の映画です。

あやつり人形を使用している映画ですがセットなどはきっちり作られているのでチープな感じはしませんでした。

パッケージを見るとなんとR-18指定で18歳以下は観る事が出来ない作品なんです。

で、内容は・・・・

アラブのテロリストが地球規模のテロを計画しており、その情報をキャッチした「チーム★アメリカ」がそれを阻止しようと奔走する話です。

リーダーのスポッツウッドは、独裁者がテロリストに大量破壊兵器を売りさばくのを事前に阻止するため、ブロードウェイ俳優ゲイリーをリクルートし、おとり捜査の実行を計画する。

ゲイリーは、一度はその要請を断るも、自分の才能を世界平和のために使うべきだと思い直し、チームに参加するのだが…。

黒幕はご存知アジアの将軍様!

img314

将軍様の他にも
 ・ビンラ○ィン
 ・サミュエル○ジャクソン
 ・アレックボール○ウィン
 ・へ○ンハント
 ・マットデイ○ン
 ・○ィムロビンズ
 ・○イケルムーア
 ・ジョー○クルーニー
 ・ジョン○リー
 

らしきお人形さんも出演しています。

上記のラインアップの共通点はアメリカのリベラル派なのかもしれません。


冒頭のフランスでのシーンでは軽機関銃でしか武装していない敵にロケット砲で応戦!

見事にエッフェル塔にヒットして崩れ落ちるエッフェル塔!

一人の敵がルーブル美術館に逃げ込めばこれまたロケット砲で美術館ごと木っ端微塵にしてしまいます。

エジプトでは世界遺産のピラミッドを狙ったかのごとくロケットランチャーを発射!

この様に周りをメチャクチャにしているのに司令官の一言は『よくやった!』と来たもんだ!

パナマ運河で水に浮かぶ人形(死体を表現)を見たときに、幼少の頃に風呂場でウルトラマンや仮面ライダーの人形で遊んでいたときの事を思い出しました。

また人形とは言え体がバラバラになる残忍なシーンや史上最大のゲ○シーン、人形同士の妙にリアルなS○Xシーンありとハチャメチャな映画です。

上記に書いた俳優さん達も銃弾を受けて殆どの人が死んで行きます。

おまけに黒幕として登場するのがアジアの将軍様で、彼が自分の孤独や寂しさをミュージカル仕立てに切々と歌い上げるシーンでは『絶対ない!』と叫んでしまい、将軍様が少しばかり可愛く見えました。

また「ベン・アフレックには俳優養成学校が必要だよ~ん!なんでマイケル・ベイはまだ映画を撮れるんだろうね?“ハール・ハーバー”とんでもない糞映画。僕も“パール・ハーバー”のような失敗はしたくない」なんて本気なのかギャグなのか分からない歌なども盛り込まれています。

そして名作映画もパロッていて『何処かで観た事があるぞ!』と思わせるカットが満載です。

とにもかくにもアメリカやその指導者達やその他の気に入らない物(ボールドウィン兄弟、マイケルムーア)をパロディーにして茶化している映画です。

だって反戦映画を訴える映画だったら、リベラル派の俳優さん達を登場させたりしない筈だし、あんな無残の死に方しないでしょう。

個人的には楽しく鑑賞できた映画ですがドン引きする人も多く、好き嫌いがはっきりする映画だと思いました。

img315









チームアメリカの秘密基地が六本木のクラブ(ディスコ)調になっており、しっかりバーテンダーがいるのが笑えました。

2006年3月24日 (金)

頑張って欲しいもんです!

WBCで盛り上がっていたこの3月に1人の男が人生における決断をして、日本球界入りを熱望しています。
(ごっつ古いネタやな!)

今の時点では具体的にどの球団に行く等の話はありませんが、本人は日本球界に興味津々の様です。

その選手の名は・・・・

リチャード・ヒダルゴ選手です。

img313 ←1999 SP Authentic Chiography Richard Hidalgo

ヒダルゴ選手のAutoカードです。

1999年の頃は将来を期待された選手でした。

しかし最近の彼は・・・・

そんな彼はベネズエラで生まれ、16歳の誕生日(1991年7月2日)にアストロズと契約を結んだように子供の頃から将来を嘱望されていた選手でした。

1992年のルーキーリーグでは51試合に出場して打率.310をマーク!

翌1993年には1Aで111試合に出場して打率.270、ホームラン10本、55打点、21盗塁をマーク、また外野手として30捕殺を記録し強肩強打の外野手として認められました。

1994年は1A、1995年と96年は2Aで安定感のある成績を収め着実にMLBへの階段を上がっていきました。

メジャー昇格も時間の問題と思われていた1997年、開幕は3Aからでした。

3Aでは134試合に出場し、打率.279、11HR、78打点と好成績を残すと、8月31日にメジャー昇格を果たしました。

地区優勝を巡って戦うアストロズに加入し、19試合の出場で打率.306と勝負強い部分も垣間見せた。

更にチームも地区優勝を飾り、いきなりポストシーズンも経験する幸運にも恵まれました。

1998年は初めてメジャーでフルシーズンを過ごしましたがセンターのポジションをカール・エバレット選手と分け合う形でプレーしていたヒダルゴ選手は、前半戦に怪我で約7週間もの間、チームから離脱!

3Aでの調整を経て、メジャーに戻ってきたヒダルゴだが、結局は74試合の出場で、打率.303、7HR、35打点という数字に終わっている。

1999年、終盤の2ヶ月は左膝の負傷で棒に振ってしまう結果に終わってしまう。

実力は周囲の誰もが認めながら、大振りが目立ってしまったヒダルゴ選手!

結果的に108試合の出場で、打率は.227と急降下。そんな中でも、故障者リスト入りする前まではリーグトップの15捕殺を記録するなど、潜在能力の高さを見せました。

打者有利の新球場に本拠を移した2000年、ヒダルゴがついにブレイクした。

チームの投手陣は大暴落を繰り返す中、ヒダルゴ選手のバットは火を噴き、152試合の出場で、打率.314、44HR、122打点と全てでキャリアハイをマーク。

この年、47HRを記録しているジェフ・バグウェル選手と共に球団史上初の40HRコンビを形成。シーズン中にはモイゼス・アルー選手とトニー・ユーセビオ選手と共に球団タイ記録である3者連続HRも記録している。

さらに2塁打は42本を記録しており、HRと共による「40-40」を記録したアストロズ史上2人目の選手となりました。

真価が問われた2001年、開幕からセンターの定位置を確保するが、見事にスランプにはまってしまった。

終わってみれば、146試合の出場で打率.275、19HR、80打点という結果しか残せずにフィニシュ!

2年ぶりに地区優勝を果たしたアストロズの中で、ポストシーズンにも出場するが、わずかヒットを1本しか打てず、台頭著しいランス・バークマン選手にお株を奪われ肩身の狭い思いでシーズンを終了しました。

2002年も2001年同様スランプに苦しみジ・エンド!

しかもこのオフに母国ベネズエラで左腕を撃たれるアクシデントに見舞われたりで最悪だったのですが2003年には141試合に出場して打率.309、28ホーマー、88打点とプチ復活を遂げました。

2004年は再度スランプに陥り、シーズン途中でニューヨークメッツに移籍しますが満足できる成績を収める事が出来ませんでした。

2005年は心機一転、アメリカンリーグのレンジャースに移籍!

しかし怪我により88試合しか出場できず、打率.221、16ホーマー、43打点でシーズンを終了しました。

近年怪我が多く、四球数が少なく打撃が荒いので日本で成功するかは難しいと思いますが強肩なので守備では貢献できると思います。

中日ドラゴンズのアレックス選手のように順応できれば、もしかしてホームラン王のタイトルも・・・・

もし日本のチームに入団したら野球を観る楽しみが1つ増えます。

phf-aaer011


2006年3月23日 (木)

日本一予約のとれないイタリアン!

数年前から行ってみたいけど行けないお店があります。

場所は銀座
イタリアン料理
営業時間はランチタイムで11:30~14:00、ディナーで18:30~22:00
予算はランチで\1260~\2940、ディナーで\3990

と、どの条件も一見すると楽にクリアできて”なんで行けないの?”とお思いでしょうが・・・

1つだけ超難関な問題をクリアしなければならないのです。

それは・・・

”日本一予約の取れないイタリア料理店”

でディナーの予約は約一年待ちなんです。

数年前に一度、10ヵ月後でしたが奇跡的に予約する事が出来たのですが、その時は一緒に行くはずのパートナーとも別れていて、その彼女に”行く権利”を譲ってしまったんです。

それ以来行く機会がなく今(げんざい)に至ってます。

引っ張りましたがこの辺でその店を紹介したいと思います。

グルメな方ならご存知だと思いますが

『LA BETTOLA da Ochiai ラ・ベットラ・ダ・オチアイ』

と言うお店です。

re_022_1
住所:東京都中央区銀座1-21-2

前菜からドルチェまで食べて3800円均一という破格のディナーコース。

しかも前菜、パスタ、肉または魚のメイン料理のいずれも20種類近く用意されており、その中からアラカルト気分で選ぶ楽しみを満喫できます。

料理の質に関しても、素材選びから仕上げに至るまで決して手を抜くことはなく、コストパフォーマンスはきわめて高いそうです。

参考までに予約方法は

ランチは、朝の10時から店頭に出される紙に名前と人数を記入して11時30分のランチの頃に戻ってくるというシステムなので10時前に並べば食べれるかもしれませんが日曜日が定休日なのがネックです。

ディナーは、奇数月第3日曜日に次の奇数月とその翌月の2カ月分の予約を電話にて受け付け開始なので年6回しかチャンスがありません。

なんで今頃こんな話をしたかと言うと・・・

つい先日、この店のオーナーシェフである落合務氏が書いた料理の本を購入したからです。

落合氏は出筆にも熱心なようで、これまでに十数冊の本を出版しています。

そんな中で私が購入した本は・・・・

じゃ~~~ん!

『ちゃんと作れるイタリアン』


4838716281 マガジンハウス既刊ムック「ちゃんと作れるイタリアン」の書籍化したものです。

定価¥1680也





これで我が家でも本格的なイタリアンが堪能できると思うとワクワクします。

内容は、ちょっとしたコツやプロの裏ワザなども記載されていて簡単に作れそうな感じがします。

前菜からデザートまで全てを紹介しているのでこの一冊でイタリアンのフルコースを作る事も可能です。

しかも殆どの料理が写真付きで詳しい手順が記載されていますのでお薦めできる一冊です。

本を買ったばかりなので、まだ実際に料理には挑戦してませんが時間がある休みの日にでも挑戦したいと思っています。

2006年3月22日 (水)

『物語』じゃないよ『日誌』だよ!

先日、以前からずっと観たいと思っていた『南極日誌』をレンタルして観ました。

この映画は2005年に配給されていた韓国映画で、『シャイニング』を意識して製作された作品と言う事だったので楽しみにしていた作品でした。

まずは『シャイニング』とはどんな映画だったか簡潔に説明すると・・・・

shining1 1980年に制作された作品でスタンリー・キューブリック監督作品です。

3人(ジャック、ウェンディ、ダニー)の親子がコロラドにある冬場は閉鎖されるホテルに住み込むところから始まります。

だが友達のいない息子のダニーはトニーというもう一人の人間を育てており、そのトニーがホテルに行く事に賛成していないのであった。

その時、ダニーの目の前で幻想ともつかぬ恐ろしい光景がよぎる。それはエレベーターの扉から滝のように流れ出る夥しい量の血と、その前に立ちつくす双児の少女の不気味な姿だった。

やがて、一家三人は大自然の中に建てられたオーバー・ルック・ホテルに到着し、一家三人だけの孤独な生活がはじまった。

ジャックの頭の中には、支配人が語ったある惨劇のことがちらついていた。それは、ジャックの前任者の管理人グレイディという男のことで、彼は、この生活のあまりの孤独のために気が狂い、妻と二人の娘を斧で殺し、自分も自殺したということだった。

ホテルが閉鎖される日、黒人の料理人ハロランと二人になった時、ダニーは“シャイニング"という、幻視超能力の話をハロランから聞き、何げなく237号室のことを訊くが、彼は驚きの表情を見せるだけだった。

その237号室の前の廊下をダニーが通る時、彼は決まって何か恐ろしい空気を感じていた。

一方、ジャックは、作家という仕事柄、静かなホテルの一室で書けることはこの上なく好都合だったが、いざ始めてみると苛立つばかりで進まない。

ウェンディは、そんなジャックの様子を見て不安になった。

そして、三人の緊張に満ちた不安定な生活が遂に惨事を生むまでに至る。

237号に忍び込んだダニーが何者かに傷つけられ、作品を書いていると思われたジャックのタイプには一行のある言葉が何百枚もの用紙に書き綴られており、その用紙を目撃したウェンディを・・・・・

狂気に満ちた映像と閉鎖された空間で起こる恐怖を表現したサイコスリラーの傑作作品でした。

で、本題に戻りますが『南極日誌』もソン・ガンホ演じるドヒョン隊長が率いる南極探検隊6人が極限状態に置かれ狂気に突き進んでいく作品です。

彼ら6人が南極到達不能点を目指して行くのですが、ここは最低気温マイナス80℃を記録しブリザードが吹き荒れる過酷な自然環境下で到達するのが最も困難な地点であった。

そんな一行がある日80年前に同じ地点を目指して遭難したイギリス探検隊の日誌を発見します。

その日誌には・・・・

そして彼らはまるでその日誌に導かれるように、不思議な現象に遭遇し、次々とアクシデントが起こります。

そしてついに最初の犠牲者が・・・・

ここで探検隊一行は進退を巡り意見を闘わせますが、隊長の強引な意見で目的地点まで進む事になるのだが・・・

極限状態に追い込まれた人間の心理状態を的確に捉えた作品で観ていてあらゆる面で”寒さ”を感じました。

”なぜ?”と思われるカットもあるのですが前後に必ず解く鍵が隠されており意味不明なシーンも繋がりを見せて人間の狂気の沙汰を表現しています。

死を感じる事がないヌクヌクとした環境で生きている私なんかでは、分かり得ない世界を表現している映画でした。

難解なカットが満載なので意味不明で面白くないと感じる方も多いかと思いかもしれませんが狂気的な作品が好きな私は満足できた作品でしたが、ラストが・・・・あぁ~!

20050519_1nankyoku 









2006年3月21日 (火)

久しぶりの大物やぁ~

本日はWBCの決勝戦日本VSキューバ戦がAM11:00よりプレーボールです。

勝算は少ないと思いますが一致団結して是非とも優勝を勝ち取って欲しいものです。

私は職場のお披露目会があり、この時間はテレビを観ることが出来ないのでパソコンに録画しておき後でゆっくり観る予定でいます。

しかし決勝で日本とキューバが戦う事を誰が予想したでしょうか?

これだから野球は楽しくて堪りません!

で、話は変わりますが本日は先日オークションで落札したカードが届きましたので紹介したいと思います。

このカードは、ななななんと6人の選手のサインが一枚に凝縮しているカードです。

それでは

いっきまぁ~~~~~すっ!

img311img312  ←2003 Donruss Signature INKredible Six

アレックス、クレメンス、野茂、ブレット、マッティングリー、ライアンのAutoカードで10枚限定です。

何故このカードを・・って思われるかもしれませんが、最近オークションで落札したカード無かったのと臨時収入があったのとアレックス・ロドリゲス選手のAutoが入っているからです。

ただアレックス選手のAutoの上の部分が切れているのが残念です。

このカードがリリースされた2003年にはこのカードがまさか我が家にやってくるとは思ってもみませんでした。

レアなカードだけに最新のノートパソコンに匹敵するプライスで落札したので友人のMクンには『アホやろ』と言われてしまいました。

たまにはこんな無茶な買い物でもしなければ働く意欲が沸いて来ないので必要経費だと思ってます。

以上、本日は単なる自慢話になってしまいました。スマソ

2006年3月20日 (月)

アリオ亀有の長田本庄軒 行列だよ!

本日は明けでお休みだったので今月の3日にオープンしたばかりのArio亀有に行ってきました。

このArio亀有とはイトーヨーカドーを核とした122の専門店と10の映画スクリーンを配した複合ショッピング施設で都内では大型施設の部類に入るショッピングモールです。

http://www.ario-kameari.jp/

_266_262  右の写真は裏から撮影したもので前に見えるのが中川です。

周りの住居を比較するとその大きさがわかるかと思います。

私の目当ては2つありまして、まずその1つが映画で”ナルニア国物語”か”シリアナ”、”エネミーローズ”を観ることでした。

サクッとチャリンコを駐輪場に止め、脇目も振らずに3Fにある映画館に一直線!

しかし・・・

どの映画も待ち時間が一時間以上あり、『待ってられねぇぜ!』と思い映画鑑賞は諦めました。

もう1つの目的はフードコート内にある長田本庄軒と言う焼きそば専門店でオムそばを食べる事で、こちらもタイミングが悪かったせいかフードコート内で唯一行列ができており、めげそうになったのですが、これを逃すとここに来た意味がなくなると思い並ぶ事にしました。

前にも一度、オープンして4日目の月曜日の夜に来たことがあるのですがこの時にチェックしていたお店です。

この長田本庄軒と言うお店はチェーン店で(株)トリドールと言う外食産業の会社が母体になっているようです。

この会社は他にも丸亀製麺所などのうどん屋さんも経営しています。

では早速私がオーダーしたオムそばを紹介します。

_264 ←ぼっかけオムそば大盛り(麺1.5倍)¥680也

神戸(関西)の焼きそばなのでソースは甘くてドロッとしています。

また”ぼっかけ”とは関西のお好み焼きや焼きそばには定番の牛スジとこんにゃくの煮込みの事で、この具が焼きそばの味に深みとコクを与えています。

麺は太麺でモチモチとした食感で生麺をその場で茹でています。

その茹でた麺をオーダーが入ってから一人前ずつ大きな鉄板で焼いており、作り置きはしてないので焼きたて熱々の焼きそばを頂けます。

ただそれが諸刃の剣で、効率よく焼くことが出来ないので行列が出来る原因なのだと思いました。

またソース、マヨネーズ、青のり、かつお節などはセルフサービスなのでお好みの味に仕上げる事ができます。

ちなみに私のは少しばかりマヨネーズをかけ過ぎましたが、なかなか美味しそうに仕上がっていると思いませんか?

自画自賛ですが最高傑作だと思います!

で、味の方は甘いソースとぼっかけで完全に関西流の焼きそばに仕上がっており、”ぼったり”とした感じですが、後を引く懐かしい感じの味でした。

”おぉ~美味い”って感じではありませんが、無難な感じで、お子様には好まれる味だと思いました。

周りの玉子はトロトロしていて、この甘辛いソースにはマッチしているのですが、玉子で包んでいた為か?麺の水分が多いのが原因か?全体的にべっちょり”していたのが残念なところです。

もう少し鉄板の温度を上げて焼くか、焼く前に麺をしっかり湯きりした方がより美味しい焼きそばに仕上がると思いました。

関西流のコテコテな焼きそばが好きな方にはお薦めです。

また一度もぼっかけ(牛スジ、こんにゃくの煮込み)の入ったお好み焼きや焼きそばを食べた事のない方は、是非一度味わってみてください。

_265 名前:焼きそば専門店 長田本庄軒 アリオ亀有店
住所:葛飾区亀有4-49-3 1F
TEL:03-5860-5868
営業時間:10:00~21:00

テイクアウトも可のようで前の子連れの客さんは4種類の焼きそば(そばメシを含む)をオーダーしてました。

       ※この店の母体である(株)トリドールのホームページです。
                       ↓
         http://www.toridoll.com/corporate/profile/index.html

今度はしっかり計画してここで一度は映画を観たいと思っています。

2006年3月19日 (日)

これは傑作です!

最近、職場の後輩が見つけたブログでその中に面白いフラッシュがあるので紹介したいと思います。

特にパチスロや北斗の拳が好きな方には楽しんでいただける内容だと思います。

ちなみに私はPart4まで続いているDJラオウが大好きです。

Part4なんかは偽りの天才アミバをフューチャーしており”うんうん”と頷きながら彼のゲーム内での悲しい運命(さだめ)に涙してしまいました。

http://www1.ocn.ne.jp/~slot777/flash.html

このフラッシュを作成をした方のトップページにある、『コラム』や『パチ屋珍体験記』なども面白いです。
(上記のページの一番下にリンクが貼ってます)

hokutonoken

2006年3月18日 (土)

梁山泊の名物、『レバ丼!』

本日はカシミールカレーに続き小岩にある隠れた名店を紹介します。

この店は至って普通の中華料理屋さんなのですが、名物となりうる美味しい物があるのです。

それがタイトルにもある『レバ丼』なのです。

この店は数年前に友人から

『小岩に梁山泊ってレバ丼が美味しい店があるから今度行ってみなよ』

と言われた店で、その時にインターネットで検索して場所等を調べたのですが、なかなか行く機会がなく、ずっと未知なるお店だったのです。

それが何故か体がレバーを欲する日があり、その時の事を思い出して初訪店したのが昨年でした。

それから2ヶ月に一回くらいのペースでこの名物を堪能するために通っています。

ただ大食らいの私なのでレバ丼だけでは物足りず必ず他の麺類などもオーダーします。

しかし麺類は至って普通で街の中華屋さんの域を脱していないのが残念なところです。

ただスーラータンメンをオーダーしているお客さんが多いので、麺類の一番人気は私があまり好きではない、これなのだと思います。

ブログでアップしようと考えたこの日も、レバ丼の他にオーダーした物があるのでまずはそれから紹介します。

_255

←エビソバ¥700

塩味ベースのスープに野菜やエビのあんかけが乗っています。

スープのベースは上湯だと思いますが、普段濃厚なダシの効いたスープのラーメンを食べているせいか物足りなさが感じます。

エビは好物ですしプリプリして美味しいので、数種類の麺類を食べた中で私的にはこのラーメンが一番好きです。

一番人気であろうスーラータンメンは未食なので機会があれば一度はオーダーしたいと思っています。

次は名物のレバ丼です!

じゃ~~ん!

_256 ←レバ丼¥700

これが名物『レバ丼』で、色彩も緑、黄色と鮮やかです。

緑はシャキシャキのサニーレタス?で黄色はふわふわの玉子焼き、レバーは鶏レバーで絶妙な塩梅で炒められていて臭みが全然無く甘辛い味付けでご飯にマッチしています。

横に添えられている一味唐辛子をパッパッっと一振りするとまたこれが美味しいのです。

玉子焼きは塩味が控えめで単体で食べると物足りないのですがレバーに絡めて食べると、又別のレバ丼に変身してこれも美味しいのです。

私はまずレバーの部分のみで味わってから、玉子焼きとレバーのコラボで味わい、その後レタスを加えたトリオの味を堪能しています。

仕上げは残った3種の具とご飯を混ぜ合わせて食べてフィニッシュ!

一心不乱に丼と格闘して感があり、食べ終わる頃には胃も心も満足しています。

あずま@浅草や周苑@亀戸の純レバ丼も有名ですが、こちらの純レバ丼はレバーが前面に主張してきてガツンと来るレバー丼ですが梁山泊のレバ丼は複数のテイストを味わえる前者のレバ丼よりも品のある物に仕上がっているように感じます。

あずま@浅草や周苑@亀戸の純レバ丼もハイレベルな一品ですので機会があればこのブログでも紹介したいと思っています。

_257_258 名前:中華茶屋 梁山泊
住所:江戸川区南小岩6-31-1
TEL:03-3650-7278
営業時間:12:00~3:00、18:00~23:00 火休

営業時間ですが以前終了の時間を伺ったところ、お客さん次第で23:30過ぎまで営業している時もあるとの事でした。

この辺も下町仕様なのかもしれませんね!

2006年3月17日 (金)

WBC アメリカいいところなし

先ほど、WBC2次リーグ、アメリカVSメキシコ戦が終了しました。

なんとアメリカがメキシコ相手に2-1で負けてしまいました。

これにより日本、アメリカ、メキシコの3チームが1勝2敗で並びました。

今回大会のルールは変則で同じ勝敗なら失点率の低いチームが次に進めるようになっており、これが曲者でメキシコは日本戦の失点が多かったので脱落!

アメリカ、日本は共に失点が5
(アメリカは対日本3、対メキシコ2で5、一方日本は対アメリカ4、メキシコ1で5)

しかし守備機会は日本が2/3イニング多く、率にして数厘差でなんと日本が準決勝に進出しました。

要するに本日の対メキシコ戦でアメリカが裏の攻撃だったら、例え同スコアの2-1で負けたとしても9イニングの守備機会があったのでアメリカが準決勝に進出したのです。

日本チームがもう諦めていた準決勝に駒を進め、再度韓国と戦う機会を得たのは非常にラッキーだと思います。

一度死んだ日本チームには何も失うものは無いので、我武者羅に戦って貰いたいと思っています。

注目の準決勝は現地時間で19日の正午にサンディエゴでプレーボールです。

大一番!WBC日本VS韓国戦の総括!

16日(木)の正午(日本時間)より王ジャパンの命運を賭けた韓国戦がプレーボールされました。

前日、メキシコ相手に6-1と快勝しており、その勢いで是が非でも勝たなくてはならない試合です。

しかし韓国は2次リーグ、初戦のメキシコ戦、次のアメリカ戦と連勝しており1次リーグから一度も負けないでここまで駒を進めており、文字通り飛ぶ鳥を落とす勢いで勝ち進んできています。

特に韓国は今大会、投手陣のデキが素晴らしく最小失点で切り抜けて勝ち上がっている感じがしますが見逃せないのは今大会5試合でエラーゼロと言う守りの堅さです。

一方、打の方はここぞという時に効果的なホームランやタイムリーが飛び出しており接戦を物にしている感があります。

先発投手は、日本が順当に渡辺投手、一方韓国は今大会、クローザーとして起用していたパクチャンホ投手でした。

パク投手は数年前まではコリアン・エクスプレスと呼ばれ典型的な速球派投手でしたが近年怪我の影響もあり技巧派投手に変貌しており、決して打てない投手では無いので、つけこむ隙はあると思います。

この両投手のデキが勝敗の鍵を握っており、特に立ち上がりは要注目です。

1回表、韓国の攻撃は2死で当たっている李承燁選手の打席、あわやホームランの当たりを打たれ四球を与えましたが次打者のパドレスの崔熙渉選手を打ちとってゼロに抑えました。

1回裏、日本の攻撃は先頭打者のイチロー選手がヒット、西岡選手の内野ゴロでイチロー選手は2塁に進塁し先制点のチャンス!
福留選手が三振、松中選手が内野ゴロで無得点でした。

2回表、四球とヒットで2死1・2塁のピンチでしたが金敏宰選手を三振に打ちとり無得点に切り抜けました。
コントロールがいい渡辺投手が2イニングで2個の四球を与えているのは珍しい事で慎重に打者を攻めているからか、調子が悪いからか、ちょっと心配です。

2回裏、先頭打者の岩村選手が内野安打、田村選手の内野ゴロで1死2塁とスコアリング・ポジションにランナーを進め先制点のチャンスでした。
次打者の小笠原選手は内野フライに倒れて2死2塁、ここで当たっている里崎選手がライト前ヒット、岩村選手が果敢にホームを狙うもホーム寸前タッチアウト!
岩村選手のスタートが遅れクロスプレイになり、ライトの李晋英選手の好返球が光ったプレーでした。
これにより岩村選手が左足関節を痛め途中交代し今江選手がサードの守備に入りました。

3回、4回、5回は両先発投手が持ち味を出し合い、両チームともチャンスすら作れず無得点!

6回から韓国チームは21歳の左腕全炳斗投手を起用!
日本は先頭打者の川崎選手の四球で無死1塁、イチロー選手がセーフティー気味のバントで1死2塁のチャンス!
続く西岡選手は内野ゴロで2死2塁、ここで日本チームは左投手対策の為福留選手にかわり金城選手を代打で起用、それを見た韓国チームはメジャーリーグでも活躍したアンダースローの金炳賢投手を起用!
ここは両ベンチが動いているので勝負の分かれ目の大一番でしたが・・・
金城選手はストレートの四球で2死1・2塁!
次打者の松中選手は金炳賢投手のストレートを芯で捕らえたのですが、打球はセカンド正面のゴロでスリーアウト チャンスを逃してしまいました。
これで好投していた渡辺投手の交代もあり、流れが韓国サイドに行くような予感がしました。

そんな嫌な流れのなか7回からは杉内投手がマウンドへ上がります。
しかし先頭打者の金泰均(4番崔熙渉選手の代打)選手は四球を選び無死1塁、続く打者が送りバントで1死2塁、ここで李机浩選手は打球の角度がよかったのですがバットの先端で浅い外野フライでアウト、2死2塁となり次打者の朴鎮萬選手はファールフライでスリーアウト!
日本チームはピンチを切り抜けました。
このピンチをゼロで抑えたので次回の日本チームの攻撃でもチャンスがある筈です。

しかしメジャーでクローザーの経験もある金炳賢投手の老獪な投球で、7回裏日本チームの攻撃は今江選手、田村選手、小笠原選手が凡退してスリーアウト!
この3者凡退でより流れが韓国チームに傾いたのを感じました。

8回表、1死から金鍾国選手のライトファールゾーンへの打球をイチロー選手が追っていったのですが補球できず思わず韓国サポーターにエキサイティングしていました。
その後、金鍾国選手は四球を選び1死1塁、次打者の李炳圭選手は初球を捕らえてセンター前ヒット、金鍾国選手は果敢に3塁を狙いますが、金城選手の好送球でタイミングはアウトでしたが、タッチをした今江選手が落球して1死2・3塁のピンチになりました。
このミスはゲーム展開から考えて致命的な感じがしました。
解説の佐々木氏(ベイスターズ、マリナーズ)も致命的を連呼してました。
ここで日本チームは杉内投手から藤川投手にスイッチし、藤川投手の右腕に全てを賭けます。
次打者は中日でも活躍していた李鍾範選手!
ボール、ボール、ファール(自打球)で1-2になり藤川投手が渾身を込めた4球目のストレートを李鍾範選手がジャストミート!
前進守備の左中間を抜けるタイムリー2塁打で2点先制!
李鍾範選手は3塁を欲張りタッチアウトになり、後続を抑えたのですが韓国が2点を先制しました。

8回裏、日本の攻撃は先頭の里崎選手が内野ゴロで1死、ここで韓国チームは好投の金炳賢投手に変わり具台晟投手がマウンドへ!
川崎選手、イチロー選手と続く左打者対策です。
この起用法は韓国チームのベンチワークのよさを感じます。
結果的にはこの起用が的中し川崎選手、イチロー選手を打ちとって終わってみれば日本チームの攻撃を3者凡退で退けました。

9回表、日本チームは大塚投手をマウンドへ!
韓国の攻撃を簡単に3者凡退に退けて、いいリズムを作ったので9回裏の日本の攻撃にいい流れを作りました。

9回裏、日本チームの攻撃は西岡選手からですが、なんと1-2からの4球目をジャストミートしなんとホームラン!
一点差まで詰め寄りました。
この流れでポイントとなるのが次打者の金城選手で、当たっても塁に出たいところなのですが・・・・
あぁ~~!あえなくショートゴロで1死!
ここは四番松中選手が具台晟投手の外側のスライダーにタイミングが合ってなかったのですが気迫でストレートを捕らえセンター前ヒット!
ここで日本チームは代走に青木選手、代打に新井選手を起用!
これを見た韓国チームは具台晟投手に変わプロ入り2年目で王者サムソンのクローザー呉昇桓投手を起用!
ここで優れた左打者がいれば代打も考えられたのですが・・・・
とにかく新井選手と呉昇桓投手のガチンコ勝負です。
呉昇桓投手は全盛期の津田投手に似ている投球フォームと投球スタイルでグイグイ押してきます。
そして2-2からの抜いたスライダーにバットが空を切り三振!
2死1塁で打席は田村選手、その初球の甘いスライダーを捕らえたのですが・・・・
ファール!
はっきり言って田村選手の打ちミスでもう二度とこないような甘い球でした。
その後、ファール、ボールで2-1からの4球目のストレートにバットが空を切りあえなく三振!
これで韓国には1次リーグ、2次リーグと連敗しました。

この結果、日本チームは1勝2敗で準決勝進出は限りなくゼロに近くなりました。

韓国にあって、日本にないものは?――イチローはそう問われたが、「何でしょうねえ」と言ったきり、しばらく視線をさまよわせる。

そこで、15秒の間!やがて出てきた言葉は、「それがあると思えない」だった。

私が考える日本チームの敗因は

『打線が先発の朴賛浩投手を捕らえる事ができなかった』

『今江選手のタッチプレーミス』

だと思います。

対して韓国チームの勝因はベンチワークのよさと堅実な守備だと思いました。

しかし悔しいゲームでした。

ちなみにもう一方のリーグでは全てのチームが1勝1敗で並び大混戦でしたが、3戦目で優勝候補のプエルトリコが地元でキューバに4-3で負けて2次リーグ敗退が決まりました。

やっぱりプエルトリコの敗因はエラーだったようです。

これでアメリカ大陸にキューバの選手が来る事になりました。

もしかしたら、ヘルナンデス兄弟のようにアメリカに亡命する選手が出てくるかもしれません!

日本チームが2次リーグで敗退しても私にとっては興味の尽きない大会です。

im00033601





2006年3月16日 (木)

下町の隠れた名店『カシミール』

本日は職場の近くにあり、ランチタイムのメニューが安くて尚且つ美味しいカレー屋さんを紹介します。

私はランチタイムにしか行ったことがありませんが、いつもお客さんで賑わっています。

特にご年配のご婦人や若奥様のグループなどが多く見受けられます。

その理由として考えられるのは

”カレーの辛さを10段階でオーダーできるので辛いのが苦手な方でも美味しく頂ける”

”大きなナンにライス、マサラチャイなどのドリンクが付いたセットが¥714から頂け、コスト・パフォーマンスに優れている”

”2階に店舗があるのですが女性でも入りやすい店構えになっている”

などが挙げられると思います。

私がオーダーするのは決まって2種類のいずれかのセットですので、今回はこの2種類のメニューを紹介します。

まずは・・・・

_204 ←Bランチ¥819也

Bランチの中のシーフード・カレー(エビ、イカ、アサリ入り)です。

本格的なインドカレーなのですが、シーフードが入っているカレーは珍しいと思います。

煮込まれていて具自体はあまり味や存在感を感じる事が出来ませんが、カレーにシーフードのダシが出ていて美味しいです。

私流の食べ方はまずライスをカレーの端に放り込んで、その部分をスプーンで掬(すく)い取って食べ、まずはライスを全てやっつけてしまいます。

次にナンを一口大に千切って、それをスプーンの様に使いカレーを掬うようにして食べます。

勿論、ナンを持つ手は右手ですよ!

ただこの様に食べていると、いつもカレーが余ってしまうので、最近はナンを大盛りでオーダーする事が多いです。

気分で、ナンをガーリック・ナンやグリーン・ナンなどに変更する時もありますが、ガーリック・ナンはその香りでより食欲が増進します。

写真でも確認できると思いますが、ボリュームがありますので大盛りライスや大盛りナンをオーダーすると私でも大満足です。

もう1つの私の定番メニューは・・・

_234 ←Sランチ¥1050也

3種類のカレーにサフラン・ライス、タンドリーチキン、マトン・シーク・カバブにナンと盛りだくさんです。

おそらくランチセットの中で一番人気だと思います。

3種類のカレーのデフォは

チキンカレー(鶏のもも肉のカレー)
アルバラグ(ポテト入りほうれん草のカレー)
ダルゴッシュ(豆入り羊肉のカレー)

なのですが、各々のカレーを

マトンカレー(羊肉のカレー)
野菜カレー(ポテト、玉葱、マッシュルーム他)
豆カレー(インドの柔らかい豆カレー)

などと変更する事もできます。

これはさすがにバリエーションが多過ぎるのでデフォの食べ方はありません!

ただ、フォークやスプーンそして手をフル回転で使用しながら食べるので、いつも大忙しです。

この中で一番のお気に入りは中央にある緑(ほうれん草とポテト)のカレーで、野菜の甘さがカレーの辛さを引き立てています。

辛さの段階は4を中心にオーダーしていますが、この辛さは店員さん曰く、普通のインドカレーの辛さに匹敵する辛さだそうで、普通の人が食べるとかなり辛く感じるかもしれませんので、初めて食べる方は2~3くらいが宜しいかと思います。

もしオーダーしたカレーが辛すぎたら店員さんに一声掛ければ調整してくれるとの事で、この辺の心配りも人気の秘密なのかもしれません!

ディナータイムには様々な焼き物やラッシー(マンゴ、ヨーグルト)なども提供しているので、夜も訪店したいと思っているのですが、なかなか機会がないのが残念です。

安くてボリュームがあって美味しいカレーを提供してくれて近所にあるお店なので重宝しています。

_233 名前:インド料理 カシミール
住所:江戸川区 西小岩 1-26-1 大阪屋ビル2階
TEL:03-3658-7663
営業時間:AM11:30~PM11:00(L.O10:30)
第3火曜日休

              ※お店のホームページ
        http://kashmir823.s51.xrea.com/index.htm

JR小岩近辺には、もう1つサンサールと言うカレー屋さんがあるのですが、断然私はカシミールの方が美味しいと思います。



2006年3月15日 (水)

『白夜行』を文庫で読んでみて

今話題のTBSのドラマ『白夜行』の文庫を先ほど読み終わりました。

ドラマの方は、殆ど観ていないのですがホームページや職場の人の話から掻い摘んで聞いていたので大筋の話は文庫を読む前から把握していました。

と言うよりも大筋の話を聞いてそのストーリー展開に興味が沸き文庫を読んでみようと思ったと言うのが正しいのかもしれません。

東野圭吾氏の作品を読むのは初めてだったのですが、この作品を観る限り彼は天才だと思いました。

東野ワールド?と言うこの独特の世界に引き込まれ、あっという間に読破してしまいました。

ここからは本題でドラマの内容に関してツラッ~と書いていきます。

私の知る限りでのドラマの展開は初回の2時間枠で主人公の男が瀕死の重傷を負っているのを見て何も言わずに立ち去る女のバックシーンから始まり、この男女の幼少期に起きた数々の事件について、いわゆるこの物語の根っこの部分を描いています。

男は父殺し、女は母殺しと言う重い十字架を背負いながら、この時11歳の男女は今後生きていく為にある約束をかわします。

それは、『もう二度と会わないようにしよう!』だけど・・・

『たとえ会わなくても、手を握らなくても2人は運命共同体だよ』・・・と

しかし2人の過去を知ろうとするある人物が現れ2人は再開する運命になる。

その人物とは武田鉄矢扮する笹垣と言う刑事で、彼は過去にこだわり昔起きた事件の真相を探るため彼らを追いつめて行きます。

二話以降の展開は、出会った2人が昔の事件を闇に葬るためと、保身のために次々と犯罪を犯していきます。

そして・・・

ドラマはまだ完結していませんが、冒頭のシーンによって悲しい結末が待っていると予想できます。

またこのドラマは主人公の幼少時代から現在までの男女の関わり合いや心情(犯罪者ゆえの不安や苦悩)を描き、それが物語の根幹となっています。

なのでドラマを見る限りは在り来たりの内容だと思います。

だが

小説を読むと全然違ったアプローチでストーリーが展開して行きます。

小説ではドラマで冒頭に描かれていた幼少期のシーンは、この事件を数十年に渡って追い続けてきた笹垣と言う刑事の空想の産物であって、決して真実として描かれてません。

事実としてあるのは、ある男の他殺死体が建築中のビルで発見され、容疑者として数名の名前が挙がり、その中の1人の女性がガス自殺しこの事件は迷宮入りとなった事です。

その後、ドラマ同様主人公である男女が別々に中学、高校と様々な人と関わりを持って成長していく過程が描かれていますが決定的に違うところがいくつかあります。

決定的に違う箇所とは、小説では上記の過程が主人公の心境や心理を描かずにストーリー進行しているところで、この描写手法が小説に凄みを与えているのです。


例を挙げると・・・

まず車内のAさんが登場し、彼は仕事が忙しく普段から寝不足なので車内でもうたた寝をしていましたが、ふと起きて横を見るとゴツイ男がスポーツ新聞を見ており、ある記事を見て驚愕の表情を浮かべているのを発見します。
彼が見ていたのは新作映画の予定欄だったので、華麗にスルーして疲れをとるために再度寝る事にしました。

次の登場人物は映画館のチケットを売っている人で、ある男がチケットを買うのにどの映画を観るか迷っている様を見てイライラします。
やっと映画を決めたのでどの座席がよいか聞いたところ、めったに人が座らない一番前の端の席を指定されたので変わった人だなぁ~と思いました。

次は映画館の観客が登場!
彼はこの映画を楽しみにしていたのですが、前の方で館内を出たり入ったりする客がいて映画に集中できず憤慨します。

次の登場人物は久しぶりの休みで、駅前に飯を食べにやって来て懐かしい友人に出会います。
彼はその男を見て以前よりも太ったなぁ~と思いました。
話が弾み『今は何をやっているの?』と聞くと、彼は『ベンチャー企業を設立した』と答えてました。
それを聞いた彼は相手に対して嫉妬し、羨みました。

って感じの描写をしています。

これが主人公の主観だと以下のようになります。

映画館に行こうと思って電車に乗ったんだけど、スポーツ新聞で目当ての映画の公開日時を確認すると・・・

ガーン! まだ公開していません。

まぁとりあえず映画館まで行ったのですがどの映画も興味をそそられなかったのでチケット売り場で迷ってしまいながらも観る映画を決定!

迷わずお気に入りの最前列の端の席を指定して映画を観ることにしました。

しかし下痢気味で途中何度も映画館から席を外し、トイレに駆け込まなければなりませんでした。

映画を観終えて帰宅すると、途中で懐かしい友人に出会いました。

久しぶりに会った彼は昔と変わらず饒舌で、色々まくし立てて聞いてきたのですが、リストラされ失業中の私にとって一番聞いて欲しくなかった仕事に関しても聞かれたので『ベンチャー企業を設立した』と嘘をついてしまいました。

以上のような内容になります。

小説のような表現でストーリーを進行させて尚且つ辻褄を合わせていくのは至難の技です。

だがこの小説は見事に辻褄を合わせておりストーリーが展開しているのです。

凄いのはそれだけではありません!

なんと小説では主人公の男女の会話は1つもありません。

しかもお互いが出会っている描写もありません!

各々が別々の事件に遭遇し、各々のエピソードは完全に孤立しているのです。

しかし読み進んでいくうちに二人の奇妙な共生関係が徐々に浮かび上がってきて孤立していたエピソードが繋がりを見せていくのです。

しかも全てを読み終えてもう一度ストーリーを反芻すると、すべてのエピソードが隙間なく組み合わされていることに気付きます。

そしてこの『白夜行』と表題がどれだけ悲しく深い意味を持っているか分かると思います。

しかし主人公の2人の気持ち

例えば

『彼らは何を思い犯行を繰り返していたか?』

『お互いが相手のことをどの様に考えていたか?』

などの描写が一切無いので解釈の仕方は千差万別あり、そのことがこの小説をより深みのあるものにしています。

例えば十年前くらいに大ブレイクしたエヴァンゲリオンも解釈の仕方が千差万別あると言う意味では、その類だと思います。

今放映しているドラマはこの小説をドラマ監督なり演出家なりが独自に解釈して映像化しているん物だと感じました。

ドラマは全てを見ていないのでお薦め出来ませんが文庫はかなりの内容だと思います。

時間があれば是非見てください。

358





2006年3月14日 (火)

宮崎地鶏やでぇ~

後輩のMサン♀が研修の為、先週の一週間宮崎に行ってました。

私は宮崎に一度も行った事がないのですが同業の友人に宮崎出身の方がいまして飲みに行く度に宮崎の美味しい物を彼から聞いていました。

その中でも私が一番興味を持ったのが宮崎地鶏の炭焼きで、偶然にも私の実家(金町)の近くにも宮崎地鶏の炭焼きを美味しく頂けるお店がある事をその友人から聞き一緒に飲みに行った事もありました。

宮崎地鶏の肉って固いのですが味が濃厚でとても深みのある味がします。

それを火柱(数十センチ)が立つほどの強火で網の上に乗せて直に焼くのです。

勿論、炭火を使用して焼くので炭の香りがダイレクトに地鶏に伝わり、スモークされたようにより一層深みのある味になるのです。

シンプルな料理なのですが豪快で美味しい料理なんです。

彼女が研修とは言えせっかく宮崎に行くので、図々しいのですがお土産は是非とも宮崎地鶏にしてくれとオーダーしたのです。

そして・・・あっという間に一週間たった今週の月曜日!

無事に研修を終え元気に出勤してき彼女の右手にはしっかりとお土産袋があり、中を開けると・・・

やったぁ~~~!

念願の宮崎地鶏の炭火焼きだす!

_259_260  ←黒くなっているのは炭火で焼いたからです。

原材料の欄を見ても鶏以外は塩、胡椒と香辛料のみでその他の着色料や保存料が使用されていないので期待が持てます。




早速、家に帰ってレンジでチン!

そして一口頬張ると・・・・

う~~~ん 美味しい~!

下戸の私が言うのも何なんですが、酒のツマミにピッタリです。

そんな地鶏を味わいつつ よくよくパッケージを見てみると・・・・・

ガァ~~~~ン!なんとパッケージには・・・

宮崎・鶏

と書いてあります!

”地”は何処へ?

結局、裏表といくら探しても何処にも”地”の1文字は発見できませんでした。

しかもパッケージをあまりにも見過ぎたせいか、思い切り食欲を減退させる凄い事に気がついてしまったのです。

それは・・・・

宮崎・鶏と言う文字が・・・・


宮崎・勤に見えてしまったのです。

ゲェ~~~!

いくら好き嫌いのない私でも”勤”は・・・ムリポ!

一気に食欲が減退したので残りは冷蔵庫へ放り込み、体制を整えてから明日以降、再度食したいと思った次第です。

最後にMサン! ご馳走さんです!





2006年3月13日 (月)

WBC日本VSアメリカ戦の総括!

WBC2次予選日本VSアメリカをご覧になりましたか?

なんとも日本サイドから見て後味の悪い試合になってしまいました。

アメリカチームのエース、ピービィー投手から、イチロー選手の先頭打者ホームランや川崎選手の2点タイムリーなどで序盤3-0でリードしただけに惜かったですね。

しかし1回の裏にノーアウト1.2塁(エラー、セーフティーバント)のピンチに先発の上原投手が3番のケン・グリフィーJr選手を三振、4番のアレックス・ロドリゲス選手を5-4-3のダブルプレーでピンチを切り抜けたのは圧巻でした。

ところが2回裏、メジャーのパワーを思い知らされる一発を上原投手が浴びる事になります。

上原投手が四球を嫌がって投じた甘い玉を的確に捉えた選手は・・・・・



彼だぁ~!

img308 ←2004 SP Game Used Patch Significant Numbers Autograph Dual

メジャー好きならご存知の選手!

そうチッパー・ジョーンズ選手です。

このカードはパッチがDualになっている25枚限定のAutoカードです。

とりあえず彼の特大ホームランで3-1となり日本チームの2点リードとなりました。

3回裏などは先頭打者のヤング選手にヒットを許すも次打者のジーター選手を注文通りのダブルプレーに打ちとって無得点に抑えていました。

ピービィー投手は3回以降見事立ち直り、一方の上原投手も5回までチッパー・ジョーンズ選手の一発のみの1点に抑えていよいよ後半戦に突入しました。

そして6回表に登場したエンゼルスのクローザー、シールズのピッチングは凄みがあり、ゲームの流れを一気にアメリカチームに引き寄せたように思いました。

一方、日本チームは6回より清水投手にマウンドを託すのですが・・・・

ここでもメジャーのパワーをまざまざと痛感する事になります。

先頭打者のアレックス・ロドリゲス選手を見逃し三振に打ちとったまではよかったのですが、次打者のチッパー・ジョーンズ選手に与えた四球が痛かったですし、ここで清水投手がアンパイアからツバを手に付けるなどと注意されたのもリズムが狂ったのかもしれません。

この行為はマウンドから降りてからするなら問題がないので、日本プロ野球はこの辺も厳しくしていかなければならないと思いました。

そして次打者の彼に痛恨の同点弾を浴びる事になります。

この同点ホームランをかっ飛ばした選手とは・・・・


昨年大ブレイクしたこの選手だぁ~!



img309
←1998 Donruss Signature Autograph

解説でも3冠王に最も近い選手と紹介されていたデレク・リー選手です。

外側低めのストレートを、思い切り踏み込んで会心の当たりでした。

しかしなんとか清水投手が後続を打ちとり同点で6回を終えました。

7回表、日本チームの攻撃は2死1・2塁でイチロー選手に回ってきたのですがセカンド・ゴロで遭えなく凡退!無得点で終わりました。

7回裏のアメリカチームの攻撃は先頭打者の当たっているマイケル・ヤング選手がヒットで出塁、ジーター選手が送りバントで1死2塁のチャンス!

続くグリフィーJr選手に藤田投手をワンポイントで起用して見事外野フライに打ちとるのですが、その前にビーンボール気味のボールを投げていたのが効いており、打ち損じたように見えました。(2塁ランナーはタッチアップで3塁に行きました。)

それじゃなければスタンドインしていてもおかしくないような甘い玉で一瞬ヒヤッっとしました。

続くアレックス・ロドリゲス選手には薮田投手をぶつけて勝負したのですが、フォーク・ボールでスイングアウトの三振に打ち取り、改めて薮田投手の度胸のよさに脱帽しました。

8回表の日本チームは四死球などで1死満塁の大チャンスを迎え、打席には岩村選手が浅いレフト・フライ!

3塁ランナーの西岡選手が果敢にタッチ・アップ!

そしてホーム・イン!日本チーム勝ち越し!

・・・・・・・しばし間があって

ななななんとアウト!

そうなんです。

西岡選手の離塁が早すぎたと言う審判の判定だったようです。

しかしその前に2塁塁審はセーフの判定をしているのですが主審の判定でアウトとなったようです。

スローVTRを見てみると・・・・

もうこれ以上何も言いません!

8回裏は引き続き薮田投手が投げたのですが冷静なピッチングでチッパー・ジョーンズ選手、デレク・リー選手、ジョニー・デーモン選手を三者三振に打ちとって嫌な流れを断ち切り流れをグッと引き寄せます。

9回表は先頭打者の小笠原選手が四球で出塁、次の代打青木選手が送りバント、当たっている川崎選手が内野ゴロで凡退し、2死3塁でイチロー選手の打席だったのですが・・・・

敬遠! 

まぁこれはアメリカサイドから見れば妥当な選択だと思います。

2死1・3塁でこれまた当たっている西岡選手の打席だったのですが・・・これまた四球!

2死満塁で田村選手に全てを託す日本チームでしたが、リッジ投手の切れのある鋭いボール気味のスライダーに遭えなく空振り三振!

日本チームは8回、9回とチャンスを潰しているので、この9回裏のアメリカチームの攻撃は気を引き締めていかないとサヨナラ負けで終わってしまう嫌な展開になってきてます。

そんな中、日本チームは藤川投手に全てを託します。

しかし先頭打者のウェルズ選手に内野安打を打たれ、次のウィン選手の送りバントを岩村選手が悪送球で西岡選手が一塁ベースタッチが離れてセーフ!

無死1・2塁のピンチだったのですが続くヤング選手の送りバントを藤川投手が3塁で刺してホース・アウト!

ホッとしたのも束の間、続くジーター選手には背中に死球!

1死満塁でグリフィーJr選手の打席で日本チームにとっては絶体絶命のピンチ!

しかし藤川投手が開き直りを見せてグリフィーJr選手を渾身のストレートで空振り三振!

9回大詰め2死満塁でアレックス・ロドリゲス選手の打席だったのですが、これまた藤川投手の渾身のストレートをつまった当たりだったのですがセンター返しでサヨナラヒット!

やはり送りバントの処理をミスしたプレーが痛かったです。

それではこの試合のヒーローのアレックス・ロドリゲス選手の・・・・・です。

じゃ~~~~ん!

img310 ←1999 Upper Deck Century Legends Epic Signatures Century

サヨナラヒットを放ったアレックス・ロドリゲスのAutoカードで100枚限定です。

日本チームを応援していてアレックス・ロドリゲス選手が好きな私には、この結果が悲しんでいいのか?笑っていいのか?複雑な心境です。

この試合を通して日本プロ野球で活躍できる投手はメジャーでも立派に通用すると改めて感じました。

日本人投手は投球フォームが安定しており、それによりコントロール重視のピッチングが出来るのが最大の武器ですね。

2日後にはメキシコ戦が待っています。

メキシコも韓国に日本同様負けているのでお互い負けられないゲームになる事必至なので楽しみでなりません!

2006年3月12日 (日)

ここを抑えなければ勝ちはない!

いよいよWBCの2次リーグが始まります。

日本は13日の朝6:00(日本時間)より強敵アメリカと激突します。

そこで本日はアメリカの中軸打者で日本が勝利する為には是が非でも抑えなければならないアメリカチームの中軸を担っているスラッガーのコラボ・カードを紹介します。

そのカードとは・・・・

これだぁ~!

img306 ←2002 Upper Deck Vintage Signatures Combos

アメリカチームの3番、4番バッター(予想)であるケン・グリフィーJr選手とアレックス・ロドリゲス選手のAutoカードで100枚限定です。

彼らはシアトル・マリナーズ時代にもチーム・メイトだった事があります。

しかしその当時のマリナーズは弱小で優勝には縁がありませんでした。

そればかりか彼らが移籍したチームは悉(ことごと)く弱小チームに成り下がっています。

アレックスに関して言えば彼が去ったチームは翌年から必ずチームが上昇気流に乗ったように快進撃をしているのです。

よって言うなれば彼はチームにとって疫病神なんです。

そんな彼らがチームの中軸になっている今のアメリカチームの優勝は無いと私は予想します。

その兆候が1次予選のメキシコ戦で起きたんじゃないかと・・・・

いやいやあの予選での敗退の最大の原因は・・・

こいつだぁ~!

img307





ドントレル・ウィルス~!


大乱調で大誤算!


とにかくこれからが楽しみです。

2006年3月11日 (土)

ご報告です!

本日(土曜日)の昼過ぎに、えび塩ラーメンが食べたくて2月21日に紹介しました『麺 あさひ』に行ってきました。

天気がよかったのでチャリンコで行ったのですが上り坂が多くて帰りはバテバテでした。

自宅から一時間あまりで無事にお店を見つけて店内に入ると・・・・

お姉さんが何か但し書きのような物を出してきて『注文の前にこれをお読み下さい。』と言っていきました。

その但し書きを見ると・・・・

『味噌ラーメンの味噌ダレの元となる材料の入手が出来なくなりました、よって味噌ラーメンは今までの物とは味が違います。 ご了承頂いたうえ、ご注文下さい。』

と書いてありました。

なんと、あの独特でスパイシーな味噌ラーメンがなくなってしまいました。

書き込みには復活の有無に関してのコメントがなかったので、個人的に考えてもう2度とあの味噌ラーメンは味わえない可能性が高いと思います。

とりあえず私は目当てのえび塩ラーメンをオーダーして美味しく頂いたのですが、味噌ラーメンの事が頭から離れずラーメンに集中できませんでした。

そしてニュー・バージョンの味噌ラーメンの味と以前の味噌ラーメンの今後を気にしつつ店を後にしました。

以上、ご報告いたします!

kitamatsudo


2006年3月10日 (金)

水道水パワーに感服です

本日は『本当に~?』って思う話を紹介します。

皆さんは風邪になった時や予防の為にうがい薬でうがいをしていますか?

ちょっと古い記事なのですが京都大学の川村孝教授(内科学)と里村一成助教授(公衆衛生学)らの研究で、こんな結果が分かりました。

それは・・・・

ヨードを含むうがい薬でうがいをしたグループと、普通の水道水でうがいをしたグループでは、水道水でうがいをしたグループの方が、風邪の予防効果があったというものです。

なんでも水道水に含まれる塩素などが、強力な殺菌効果を発揮するってことみたいです。

で、うがい薬を入れてしまうと・・・

それが消毒されてしまい、「水道水」のよさが消されてしまうんです。

と言う事は・・・・

うがい薬ってあんまり意味がないって事なんですかね?

じゃ、うがい薬ってなんのためにあるのだろう?

うがい薬って必要ないんじゃない?

なんて思ってしまいがちですが、この記事には市販のうがい薬メーカーの見解が載っており内容は

「製品は、口の中とのどの殺菌や消毒などに効能があり、研究でインフルエンザの拡大防止効果が示唆されています」

でした。

兎にも角にも風邪予防には『手洗いを行う』と『うがいをする』のが一番効果があるようです。

                    ※ソース↓
       http://www.toyama-chemical.co.jp/healthy/detail/493.html


203072

2006年3月 9日 (木)

いやぁ~まいった!

ブログを書こうとしたらメンテナンス中!

おまけに夜間は混雑中!

This is the penは荒井注!

2006年3月 8日 (水)

洋食 カタヤマ 久しぶりでした

先日、職場の後輩のTクンと贅沢にもステーキを食べに行く事になりました。

この店は東向島(墨田区)にあり、決して立地条件はよくないのですが、いつもお客さんで賑わっている洋食屋さんです。

仕事が終わり、Tクン自慢の愛車(ランエボ)を転がし十数分!

あっという間にお店の前まで到着しました。

店内に入ると、この日は平日(火曜日)にも関わらずほぼ満席状態!

テーブル席が一杯だったのでカウンター席に案内されました。

このお店はステーキがメインのメニュー構成になっているのですが、ステーキ肉の種類が豊富でオージービーフから前沢牛まで取り揃えてあり、ステーキの定食でも肉の種類や量、焼き方を指定して注文するシステムになっています。

尚、この店独自のカット手法(駄敏丁カット)で切られているステーキは特にお薦めです。

なんでもこの手法は牛のモモ肉の一部である「らんいち」を使ったビーフステーキの製造方法で特許を取得ようです。

この部分はロースなどに比べて格安だが、筋が多いのが難点だった。

「らんいち」はしっぽ以外は重いものを支えておらず、加えて生物にとって頭の次に大切な生殖器が近くにあることから栄養が行き渡っており、味は良いという。

しかし、ロース部分に比べると、複雑な運動をする部分のために筋が入り乱れて硬いという欠点がある。

今回の特許は、その問題点を解決する方法に与えられた。具体的には肉の塊から筋を完全に除去してから、さらに筋目にそって棒状に切断し、その上でこれをある程度の厚みに輪切りにした後並べて整形し、ステーキ肉にした物のようです。

※以上、駄敏丁カットに関してはお店のホームページより引用しました。

もも肉の一部なのでサシや脂肪成分がほとんど無いのですが、肉本来の味わいがしっかり堪能できるステーキがこの店の特徴です。
(前沢牛を選択した場合はサシがたっぷりですが)

それでは早速、料理を紹介していきます。

まずは

_250 ←エビグラタン¥900

このベチャメルソースが塩分控えめでクリーミーで美味しいのです。

何故かここに来るとこのグラタンが食べたくなってしまいます。

次は

_249 ←セットのサラダです。

特にコメントはありません。



いよいよメインが登場します。

_252 ←後輩のTクンが食べたオムライスステーキです。

ステーキはウルトラ和牛特上200gを選択してました。

私はここでオムライスを食べた事がないので一口頂きましたが、ザ・洋食屋さんのオムライスって感じで、奇を衒った物ではありませんが王道の味でした。

スープではなく右端に見える味噌汁が付くのも下町の洋食屋さん風で私のような庶民には親近感を覚えます。

次は・・・

_251 ←私が食べた、駄敏丁カットステーキで選択したのはウルトラマルキンステーキ定食で350gです。

これにライスと味噌汁を付いています。

肉が極厚で肉汁たっぷりなのでソース無しで軽く塩を振って食べても美味しいです。

量も多く、久しぶりだったのでしっかり肉の旨味を堪能できました。


お財布に余裕のある方は是非前沢牛に挑戦してみて下さい。

素晴らしい世界が待っていますよ!

_253_254  店名:カタヤマ
住所:墨田区東向島4-2-6 
TEL:03-3610-1500
営業時間:平日午前11時~午後2時30分、午後4時30分~午後9時
祝休日午前11時~午後9時まで 無休

ちなみにTクンは初めての訪店だったのですが、美味しいと感動していました。

2006年3月 7日 (火)

あなたはやっぱり日本人?

以下の事柄のうち5つ以上『経験があるなぁ~』って思ったあなたは間違いなく日本人です。

とんがりコーンを指にはめて食べる

バームクーヘンをはがすして食べる

扇風機の前であ~~って言う。

ポッキーのチョコの部分だけを舐めとる。

歩いてるとき余計なこと考えて足がグキッてなる。

焼きそばを作るつもりがラーメンになる。

自転車に乗ってる時ペダルを踏み外して空転したペダルが弁慶の泣きどころにヒットする。

向かってくる歩行者をかわし損ねて、フェイントのかけ合いみたいになる。

自分の声を録音して聞いて、恥ずかしくなって死にたくなった事がある。

部屋の電気のひもを使ってボクシングをする。

何かあると”残念”って言って場を重くしたことがある。

朝礼でジャンガジャンガをやろうとした事がある。

納豆は必ず匂ってから食べる。

※ちなみにこれらは私が遭遇したか経験がある事ばかりです。

horiemon

2006年3月 6日 (月)

続・千葉ラーメン紀行PartⅢ

本日はラストに訪店したお店を紹介しますが、その前に立て続けに2杯を連食した我々一行は休憩を兼ねて前回も遊んだゲームセンターに行く事にしました。

このゲームセンターの名前はべネクス松戸店と言うお店で土曜日の夜だからか、若いお兄ちゃんやお姉ちゃんで賑わっています。

軽く遊ぶつもりでコインを¥1000分(200枚)購入して、ビンゴで勝負する事にしました。

普段でしたら200枚のコインなんて数十分も遊んだら無くなってしまうのですが、この日はツキまくっており、200枚のコインがあっという間に1000枚まで増えてしまいました。

ビンゴでチマチマ遊んでいてもなかなか減らないと思った私は競馬ゲームに移動して一発勝負をする事にしました。

しかしここでもツキまくって、終わってみたら1300枚のコインを獲得していました。

時間が時間でしたので、1300枚のコインを店に預けてこのゲーセンを後にしたのですが、想定外の長時間(約2時間)遊んでしまったので、あと2店ほどラーメンを食べる予定が1店になってしまいました。

ラストのお店は津田沼方面でと決めていた私達は急いで移動していると・・・・

ここで鎌ヶ谷トリビアとなり得る事件と遭遇!

それは・・・・

鎌ヶ谷をドライブしているとペアのタヌキと遭遇する事がある。

そうなんです。

道の横に野生のタヌキがトコトコ歩いていたんです。

さすがに私はビックリしたのですが、鎌ヶ谷兄弟は”なんでビックリしているの?”と涼しい顔をしていたのでこの辺では日常的な光景なんだなぁ~と思いました。

そして前回、訪店してワンタン麺のワンタンが売り切れで悔しい思いをした『らーめん房やぶれかぶれ』の前で車をゆっくり走らせて様子を伺いました。

それと言うのも、友人の弟のTクンの意見でもある『お店に入って店主にワンタンがあるか聞いてあれば食べて行こう!』との意見に同調した為で、この弟の意見に関して思わず私は”大人の意見で成長しなぁ~”と感心しきりでした。

しかぁし~~!

お店の前には数人の行列が出来ていました。

これを見た友人のMクンと私は、成長した弟のTクンの意見をバッサリ却下して、次なる目標のお店に行く事にしました。

このお店はJR津田沼駅から徒歩圏内のお店で新京成の線路沿いにひっそりとあるお店で、以前は京成国府台の駅前で営業していた『北海道ラーメン好旭川』と言うお店です。

店内の入ると数名のお客さんがラーメンと格闘していたのですが、何故か活気が感じられず、嫌な予感がしました。

鎌ヶ谷兄弟は仲良く塩味つけ麺、私は塩ラーメンをオーダーして、待つこと数分!

普段ならここでじゃ~~~ん!っとくだらない擬音を使って、ラーメンを紹介するのですが・・・

なんと!ここでトラブル発生!

店主らしきおじさんと、奥さんであろうお店の女性が口喧嘩を始めたのです。

聞き耳をたてて聞いていると・・・・

オーダーの行き違いがあったようで2人ともプチ・パニック状態!

なんだか不安になったのですが、数分後には何事もなかったように我々のラーメンが間違えることなくカウンターの前に置かれたので一安心したのでした。

それでは最初に鎌ヶ谷兄弟のオーダーした塩味つけ麺を紹介します。

_242

←塩味つけ麺¥800也

普通の醤油味のつけ麺って野菜や甘味料を使用して甘塩っぱい味に仕上げているので比較的誤魔化しも効くのですが、塩味のつけ麺は私も初めて見たのですが甘み成分を使用することが出来ないので、スープの配合(塩気、ダシ)が繊細で難しいのではないかと思いました。

しかし具は麺に盛られており、よほどスープに自信があるんだなぁ~と思いつつ、友人からスープを一口頂いたのですが、ダイレクトにスープのみだと、かなり塩気が強くダシの味まで感じる事が出来ませんでした。

麺はラーメンの2倍ほどの太麺を使用しているので、このくらい濃い味付けでないとダメなのかもしれません。

麺を食べていないので評価は出来ませんが、また来て今度はつけ麺を食べようとは思いませんでした。

次は私のオーダーした塩ラーメンです。

_243 ←塩ラーメン¥700也

つけ麺と同様のスープがベースになっているようですが、ダイレクトにスープを頂ける濃度になっていいるので、魚介系や干しホタテのダシの旨味が感じられ美味しいスープに仕上がっていました。

麺はやや縮れ細麺で、味もしっかり主張しており、麺とスープが絡み合って美味しかったです。

具は、もやしが余計だと思いましたが他は及第点の味で、ただ小さいなりにもチャーシューが数枚入っていたのはプラス評価でした。

個人的に美味しい塩ラーメンだと思いますが、塩味のラーメンでしたら前回訪店した『らーめんあさひ』の海老ダシの塩ラーメンの方が上だと思いました。

_241 店名:北海道ラーメン好旭川
住所:船橋市前原西2-25-7
TEL:047-471-6883
営業時間:18:00~翌1:00(火木)
       11:45~14:00  18:00~翌1:00(水金土日祝)

後日談として、この後に近所で営業している九十九ラーメンで”チーズ味噌ラーメン”を食べようと、完全に壊れてしまった私と友人のMクンが提案したのですが、今考えてみると無謀な考えだった思い反省しております。

尚、九十九ラーメンで食べるのを断念した理由は友人の弟のTクンが反対したからではなく、”チーズ味噌ラーメン”が売る切れだった為とプチ行列ができていた為で、これらの障壁がなかったら間違いなく4軒目に突入していたと思うと・・・・

ラーメンを食べると酒が入った様に酔っ払ってパンチドランカーの様に壊れていく私と友人のMクンは長生きできないなぁ~と思いつつ、本日はお開きとさせて頂きます。

次回はKサンも誘って、未知なる領域の5軒喰いに挑戦したいと思っています。



2006年3月 5日 (日)

続・千葉ラーメン紀行PartⅡ

本日は昨日の続きです。

『らーめん金竜』を後にした我々一行は、次なる目的の店『味処むさし野』に向かっていきました。

この店は個人的に以前から注目していたお店で、店舗の立地条件の悪さから行ったことがない未知なるお店なんです。

お店はラーメン街道と言えるほどの数々のお店が乱立する街道沿いの一角に鎮座しており、お店の前を通り過ぎるとそこには・・・・・・

十数人の行列!

話し合いの結果、満場一致で今回は見送る事にし、後ろ髪を引かれつつお店を後にしました。

はっきり言って残念ですが、また近いうちにリベンジを果たすと心に決めました。

こうなったらここはラーメン街道、他にもラーメン屋さんは仰山(ぎょうさん)あります。

急遽、予定を変更して誰も訪店した事のない未知なるお店『イブクロミチル』に行く事にしました。

店の駐車場に車を止めて店内に入ると・・・・・

なんと店内に客がゼロ・・・・

誰もいません!

店員さんの『いらっしゃいませ!』と言う大きな声だけが店内に響いています。

途中通りかかったどのお店も行列こそありませんでしたがお客さんがゼロのお店はありませんでしたし、何より土曜日の夕飯時に誰もいないなんて、嫌な予感が脳裏をよぎりました。

各々が味玉ラーメン、ネギラーメン、私は具沢山の名前は忘れてしまいましたが○○ラーメンをオーダーして、待つこと数分!

出てきたラーメンは

_239 ←○○ラーメン¥800也

名前を忘れてしまいましたが、たしか初めて食べる方に食べて頂きたい旨を書いてあったラーメンです。

お店のこの様な告知に弱い私は迷わずオーダーしたのですが、友人のMクンがオーダーした味玉ラーメンとの違いは豚の角煮とコロコロ(サイコロ)チャーシューが入っていることだけで、スープなどは同様のものでした。

デフォのラーメンが¥500と安価なのは好感が持てますが、ベースとなる豚骨スープが弱く何か物足りない感じがし、はっきり言ってあまり美味しいスープではありませんでした。

麺は博多ラーメン風なのですが、それよりも太く縮れているのがスープとマッチしているとは・・・・それに麺に味が全然しなかったのも残念でした。

思い切って博多ラーメンのように低かん水の細ストレート麺の方がスープとマッチして良いのではと思いました。

具のチャーシューや角煮、味玉などは味がしっかりしていて美味しかったです。

店員さんの元気のよさだけが印象に残るラーメン屋さんでした。

_240 店名:らーめん屋イブクロミチル
住所:千葉県松戸市稔台200-7
TEL:047-364-1295
営業時間:11:30~14:30 18:00~翌3:00 休無

何でもこの店は主に埼玉県でチェーン展開している『まめぞう』の姉妹店のようです。

店名が表現しているように替え玉¥150を筆頭にその他のサイドメニューも安価で充実しているのでラーメンと組み合わせて、安価でお腹イッパイ食べてもらおうと言うコンセプトのお店のようなので、あえてラーメンも無難な作りになっているのかもしれません。

明日は今回の紀行で最後に行ったお店を紹介します。

2006年3月 4日 (土)

続・千葉ラーメン紀行PartⅠ

またまた千葉(松戸、船橋)方面にラーメンを食べに行ってしまいました。

本日は3軒ハシゴしてFinishしましたが、何故か物足りない感が体の中を駆け巡っていましたが、友人の弟のTクンはイッパイ・イッパイだったようでした。

それではK氏にクレイジーと言われた続・千葉ラーメン紀行PartⅠの始まり始まり パチパチパチパチ

とりあえず17:30に面白兄弟と新鎌ヶ谷駅で待ち合わせ!

ここで新鎌ヶ谷トリビアを・・・・

①「新鎌ヶ谷の駅前はケンタッキーしかない」
②「新鎌ヶ谷の駅前の道路はイオンが出来たせいで渋滞している」

ここからが本題なんですが、まず一軒目は先日『都合により休業いたします』の貼り紙が張ってあって臨時休業の為、食べれなかった『らーめん金竜』を紹介します。

兄弟曰く、この店は老夫婦が切り盛りしており、いつ閉店するか分からない店なので早めに食べに行った方がいいですよと助言された店です。

また、味噌ラーメンがお薦めで息子と3人体制で営業しているとの事でした。

営業時間の15分前くらいに到着して店の前を見ると・・・

『準備中』の看板がぁ~!

この看板は営業するよの合図のようで、どうやら本日は営業するようでホッと一安心!

一番乗りでシャッターの前で待っていると、どんどんお客さんが並びはじめており、あっという間に十数人の列ができてました。

やっぱり人気店なんだなぁ~なんて考えているとシャッターが開きいざ入店してみると、ガタイのいいお姉さんがいて、いつの間にやら4人体制になっており弟のTクンが驚いていました。

間髪いれずに3人とも味噌をオーダーして待つこと十数分!

麺が太いからか?要領が悪いからか?、とにかくラーメンが出てくるまで時間が掛かるなぁ~と言う印象でした。

そして念願の味噌ラーメンとご対面!

ジャ~~~~ン! これだぁ~!

_237 ←味噌ラーメン¥800也

とにかく初めて食べる味噌ラーメンって感じで、とにかく香ばしくてスパイシーなんです。

これは味噌ダレにさまざまなスパイスを調合しており、さらに七味や胡椒、ゴマなどをふんだんに使っているからだと思います。

麺は『珍来』の麺を使用しており、太麺でモチモチしており食べ応え十分でしたが一軒目としては少々重いラーメンでした。

具では何と言っても『三つ葉』がアクセントになっており、後味がサッパリしてナイス・アイデアだと思いました。

不満点はデフォの味噌ラーメンにはチャーシューがなかった事で、¥800のラーメンなんだから、せめて1枚でも欲しいところです。

トータル的に考えると、かなり上位にランクされる味噌ラーメンで美味しかったです。


_236_235  開店前に撮影したのでシャッターが閉まっていますが、準備中の看板が誇らしげに仁王立ちしているのが確認できます。


名前:らーめん金竜
住所:千葉県松戸市金ヶ作3030-30
TEL:047-387-3520
営業時間:11:30~14:45(ラストオーダー)、18:00~20:45(ラストオーダー)
定休日:水曜日、木曜日

道路を挟んだ所に駐車場があるのですが指定された場所にちゃんと駐車しないとラーメンを作ってくれないのでご注意下さい。

また店主(♂)の左の頬にデッカイ絆創膏が貼ってあったのですが、あれはきっと・・・・

友人のMクンが言うには『ボクシングの試合でもしてたんだろ!』だそうです。

Mクンがあまりにも楽しそうにボクシング発言をしていたので『そんなこたぁ~ない!』と言いたかったのですがそっと心に留める事にしました。

明日は2軒目のお店を紹介します。

どうぞお楽しみに!

boxing_gear_proforce_thunder_boxing_gloves_with_vented_palm_a8181

2006年3月 3日 (金)

県庁の星! ベタベッタでした

本日は午後からお休みだったので映画『県庁の星』を馴染みのコルトン・プラザに観にいきました。

img305 相変わらずガラガラだったのでゆっくり鑑賞する事ができました。

また今後上映予定の映画で、日本沈没やエミリーローズ、ナルニア国物語、シリアナ、イーオンフラックス、ダヴィンチコード、サウンド・オブ・サンダーなどは観たいと思ってます。

こうやって並べてみると節操のないライン・アップだと思いますがジャンルに拘らず映画を楽しめるのが私の長所かもしれません!

またDVDではソン・ガンホ主演の南極日誌がリリースされていますが、これは是非観たいと思っている作品です。

さて本題に入りますが『県庁の星』の映画監督はご存知、西谷弘氏で『白い巨塔』、『世にも奇妙な物語』、『救命病棟24時』などの演出を担当した方で監督としては今回の作品が3作品目です。

普段はテレビ・ドラマの仕事が多いので本作品もテレビ・ドラマの延長って感じがしましたが、退屈せずに最後まで鑑賞する事ができました。

また石坂浩二さんを筆頭に『白い巨塔』に出演していた役者さんで脇を固めていました。

内容は想像していた通りで、エリート意識の塊のようなお役人さんが一般市民(特にパートのお姉さん)と触れ合う事によって、徐々に変化していく姿を描いており、一方スーパーも倒産の危機をお役人さんの知恵で乗り切っていくって物語です。

まぁ今時、こんなスーパーはとっくに潰れて存在してないだろ!と思うくらいダメスーパーなんですよ!

また、この映画を観ていて今は亡き伊丹監督の『スーパーの女』を思い出しました。

織田裕二扮する県庁さん(県庁の役人)も私のような下界の人間にとっては、見たことも会った事もないような人物で間違いなく友達になれないような性格なんですが「人にとって一番大事なもの」をスーパーで働く人々から教えられ、それがイコールこの映画のメッセージになっていると思うと在りがちなメッセージで閉口しました。

ただ、この映画や映画『メジャーリーグ』のようにダメな物が力を合わせて良い物のなっていく、いわゆるサクセス・ストーリー的な映画は個人的に好きなのでリラックスして理屈ぬきに楽しむ事ができました。

j_img23


2006年3月 2日 (木)

あぁ懐かしのカレーライス!ジャンカレー編

本日は高校時代に足しげく通っていたカレーライス専門店を紹介します。

高校時代って今では考えられないくらい位の量を一回の食事で食べていた記憶があるのですが、この店はこんな私のお気に入りの店で、ずばりキャッチフレーズは”美味いとはいえないが安くて量がある”って感じのお店でした。

先日、この懐かしの店のカレーがどうしても食べたくなり、数十年ぶりに訪店しました。

散歩でお店の前はよく通っていたのですが、当時と変わらない外観が妙にノスタルジックな気分にさせ、否(いや)が応(おう)でも期待感を持たせてくれてますが、いざお店に入るとなると尻込みしてしまい不安な部分も顔を出して複雑な気分でした。

いざ、お店に入ると・・・・

目の前には食券機が鎮座しており、ハイテク化の波がこんな店まで浸食しているのを目(ま)の当たりにし、時代(とき)の流れを感じました。

高校当時のこの店で一番のお気に入りはカツカレー大盛り大辛で、その食券を探すと・・・

なんとビックリ¥1050になっていました。
(当時はたしか¥700くらいやったな)

この店の揚げ物(トンカツ、コロッケetc・・・)はオーダーが入ってから揚げるので、いつでも熱々の揚げ物を頂けるのが最大の魅力ですが、この日も私の食券を確認したお姉さんが徐(おもむろ)に冷蔵庫からパン粉の付いたカツを取り出して油の海に放り込んでました。

それと同時寸胴から鍋にカレーを移してコンロで温め始め、同時に”大辛のモト”をスプーン数杯鍋に入れてました。
(”大辛のモト”っていい表現やな)

この辺の手順は昔と変わりませんでした。

そして待つこと数分

ついにその時がやってきました!

_001 カツカレー大盛り大辛¥1050也

湯気がたっていて美味しそうでしょう!

これが高校時代に大好きだった代物です。

これを食べて胃も心も充分に満たされた懐かしのカレーです。

目の前には、着色料で真っ赤に染まったチープな福神漬けが、『食べれるものならいくらでも食べてくれ!』と言わんばかりに山盛りになってこちらを睨んでいるのも昔と変わらず”この店流”で、好きでもないのに何故かご飯が見えないくらい乗せてしまう愚かな私がいました。
(あんた福神漬けの中に入っている小さなレンコンが好きやもんな)

口の中にカレーを放り込んでみると・・・・・

昔と変わらず懐かしいカレーの味がします。

決して美味しいカレーではないのですがホッとする味です。

そして無我夢中でカレーと格闘しているうちに、あっという間に完食!

えっ! 何だか変だぞ?

そうなんです!

高校当時このカレーを完食するのが、やっとだったのですが・・・・・

本日はまだまだいけそうな勢いなのです。

今よりも高校生の時のほうが沢山の量を食べることが出来たのは明らかな事実です。
(今でも仰山、食べるやないか)

という事は・・・・

ガ~~~~~ン!

昔よりもご飯やルーの量が少なくなっているのです。

高校時代に”暴力カレー”と呼ばれていたお店は、明らかに変貌を遂げて”普通のカレー屋さん”になっていました。

味は昔と変わらずでしたが量が少なくなっていたカレーに、K-1での武蔵の試合がシンクロして不完全燃焼のまま店をあとにしました。

学生時代の彼女に偶然再会して変わり果てた姿を見てガッカリした時などはこんな気分なんでしょうかね?

_002_003





店名:ジャンカレー本店
住所:葛飾区新小岩1-50-9
TEL:03-3651-2618
営業時間:?

注)
一般的に考えるとこの店の大盛りカレーはかなり量が多いし、大辛はかなり辛いのでご注意下さい。

2006年3月 1日 (水)

メジャーリーグの掟!

本日はメジャーリーグにて、『こんな事をすると報復されます』って言う、いわゆる暗黙のルールについて書いてみたいと思います。

特に以下の行為を行うと若手選手やルーキーなどはきつい報復が待っており、誰しもが認めるスーパースターーはこの例に当てはまらない事もあるようです。

それではいきます!

1)塁上からサインを盗んで、打者に教える行為。

2)チームが4点以上負けている時に、ホームランを打っても、ゆっくりベースを1周したり、大げさに喜びのジェスチャーをするのはNG!

3)チームが5点以上勝っている時の、相手投手のボールカウント0-3からの球をスイングする行為。
(以前、新庄選手が報復されたケ-スです)

4)ノ-ヒッタ-や完全試合を達成しそうな時にセ-フティ-バントする行為。
(賛否両論あり)

5)スライディングの時にスパイクを相手の体に向ける行為。

6)ホームランを打った瞬間、ホームプレートに立ち止まって打球の行方を目で追うような行為。
(ただしボンズの様なホームランバッターなら許されます。)

7)たとえ盗塁王争いしていても六回以降、5点以上差をつけている場合に行う盗塁。

8)味方がどんなにリードしていても、四球のあとホームプレート上にバットを置いたまま、一塁に向かう行為。

9)勝った時に相手チームや敵のファンが見える所で大げさに騒ぐ行為。

10)クレメンスの様な力のあるスター投手と対戦するとき、両足で穴を掘って、足場を固めるような行為。
  (お前なんか怖くも何ともないぞ!と言う意思表示に受け取られる。)

11)ホームプレートから足をはみ出して打つ行為やプレートに覆い被さる行為。
  (特にプロテクターをつけて立っているときは注意)

以上の行為は後に報復される可能性があるようです。

イチロー選手が打席に立った時に行う、バットをたてるお決まりの行為も、ルーキー時代の2001年は報復されるのではないかと言われていましたが、実績を重ねた現在ではトレードマークのゼスチャーとして認められています。

要するに実力を認められた一流選手は少々のルール破りやパフォーマンスをしても許されるって事ですね!



img303
こんな髭と混同しそうなもみあげ、個人的に見て報復対象だと思いますが・・・・







※上記の報復対象行為は米ウォルター・オーバーグ記者の記事より抜粋してます。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »