Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« こんなのどう思います? | トップページ | 映画サイレン 訳わからんよ! »

2006年2月12日 (日)

偉大なニグロリーガー

本日はeBayオークションにて何となく入札して終わってみれば落札していたカードを紹介します。

友人のO氏には

『面白いカードを落としたので、ブログアップするから楽しみにしててね!』と言って煽ってしまったので、『何だぁ~』とガッカリされると困るんですが、さぁどうでしょうか?
(期待させ過ぎやでぇ~)

じゃ~ん! これだぁ~!

img295 ←Old Time Black Stars James Cool Papa Bell

あのパパベルのAutoカードです。

カードの裏を見ても年代やブランド名がわかりません!

ただ古いカードである事は確かだと思います。

また、オークションで出品されていた時に画像を見たときはケースとカードの大きさから通常のトレカのサイズよりも小さいカードだと思っていたのですが実際にこのカードを手にしてビックリ!

カードの大きさは通常のトレカと同サイズなのです・・・

という事は・・・そうなんです!

ケースがとてつもなく大きいのです。

なので最初にこのカードを見たときは、肩透かしを食らい損したと思うと同時にネタになるヤッターと言う思いが同居し複雑な心境でした。

ここでジェームス”クール・パパ”ベル選手に関しての逸話をいくつか紹介していきます。

伝説の外野手クール・パパ・ベルは、比類なき脚力で歴史に名を残す黒人プレイヤーである。

また、クロフォーズの同僚ジミー・クラッチフィールドJimmy Crutchfieldによると、バームンガム・ブラック・バロンズとの対戦でベルは投手の右脇を抜けるゴロを放ったが、一塁を回ってセカンド・ベースに達したベルの足に弾んできたボールがぶつかった、というものもあり、昔話にありがちな、かなり誇張された話だがひょっとしたら本当かと思わせる位なベルの俊足だった。

事実、ベルがベース一周に要する時間は”12秒ジャスト”、1つの投球で二つの塁を盗んだり、犠牲バントで一塁から三塁を陥れる、また犠牲フライで二塁から生還することはしばしばだった。

一度などはメジャーリーグとのエキジビション・ゲームで一塁から犠牲フライでホームインしたこともあり、この時のピッチャーはボブ・レモンでベル45才の時だった。

1903年5月17日(一説では1905年5月18日)生まれのジェームス・トーマス・ベル(James Thomas Bell)は19歳でピッチャーとしてデビューする。

最初に所属したチームはセントルイス・スターズだったが最初に登板した3試合でナックル・ボールを駆使してルーブ・フォスター(Rube・Foster)率いる二グロ・リーグの強豪シカゴ・アメリカン・ジャイアンツを封じ込め早くもここで『クール・ベル』のニックネームで呼ばれるようになります。

5フィート11インチ(178cm)、140ポンド(63kg)のベルに、投手よりも野手としてのセンスを認めた当時スターズの監督ビッグ・ビル・ゲートウッド(Big Bill Gatewood)はベルを外野にコンバートし、本来右打ちのバッティングをスイッチに転向させた。

ゲートウッドはサチェル・ペイジにヘジテーション・ピッチ(停止球=変則モーション)を教えた監督でもあるが、ベルにはフライを上げずに、ゴロを打つようにと繰り返し指導した。

ベルの快速があれば、かなりの確率で内野安打になると確信したからである。

28年間にわたる野球人生の中で、セントルイス・スターズを含めてベルは八つのチームに所属し、冬季には中南米の野球でもプレイしたが、そのハイライトは当時最強といわれた二つの球団に所属したときだった。

ピッツバーグ・クロフォーズでは前述のサチェル・ペイジ、ジョシュ・ギブソン、ジュディー・ジョンソン、オスカー・チャールストンと共にプレイし、最後のユニフォームとなったホームステッド・グレイズでは再びチームメイトになったギブソンに加え、バック・レナードとも一緒だった。

シーズン打率4割以上を何度も達成し盗塁に至っては年間175盗塁という記録も残っている。

二グロ・リーグの公式記録は完璧ではないものの、ベルの生涯打率4割1分9厘は史上10位にランクされており、ホームラン数も9位に入っています。

ニグロ・リーグだけでなく、多数のメジャーリーグ相手のエキジビション・ゲームにも出場したが、そこでの通算打率3割9分1厘は素晴らしい数字だと思います。

不運にもメジャー・リーグへの参加は時代があわず叶わなかったが、後輩の出世の手助けには快く応じた。

1946年、4割1分1厘でリーディング・ヒッターのトップにいたベルだったが、シーズン最後のダブルヘッダー自ら出場を辞退し、ニュー・アーク・イーグルスのモンテ・アーヴィン(Monte Irvin)にタイトルを譲った。、

3年後アーヴィンはニューヨーク・ジャイアンツと契約する。

コーチ兼任だったカンザス・シティ・モナークス時代は若きジャッキー・ロビンソンに対しショートでなく二塁手に専念するよう指導し、結局ドジャースは二塁手として契約した。

後年ベルは生涯で最も感動的だったものは、の質問に

『ジャッキー・ロビンソンのメジャー入り』と答えている。

他の多くの偉大な黒人選手同様、クール・パパ・ベルも1974年に野球の殿堂入りを果たした。

こんな偉大な選手のサインカードが手元にあると考えると感無量になります。

ちなみに2001年よりリリースされているSP Legendary Cutsのカッツ・オートって小切手を裁断して挟んでいる物や、上記の様なカードを裁断して挟んでいるカードがあるのですが”パパベル”の2005年のカッツは間違いなく上記で紹介したカードを裁断して作ったものが多いと思います。

何故ならパパベルのリリースされているカッツの大半はサインがグリーンでカードを裁断して作っているものが多いからです。

よってサインの真贋は上記のカードであろうがカッツであろうがはっきりしないと思います。

私はサインは本物だと信じて今後もこのカードを大切にしていきたいと思っています。
(しかしカードの絵は誰が書いたのかごっつ気になるやんけ)

Bell_Cool_Papa_3








« こんなのどう思います? | トップページ | 映画サイレン 訳わからんよ! »

スポーツ」カテゴリの記事

トレーディングカード」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

MLB」カテゴリの記事

コメント

すごいお宝ですね。
ベルの韋駄天話はいくつかあります。
就寝時、電気のスイッチを切りに行って、スイッチが切れる前にベッドに戻ったとか、東京駅から新橋駅まで山手線に走って勝ったとか、ファミスタのピノに勝ったとか、マクラーレンにモナコで走り勝ったとか。ちなみに吉野家で一度も代金を払ったことがないのは有名な話ですよね。

オレは西宮球場で馬になら勝った事があるぞ。

あ~、これね。
これは北の工場でスーパーKと一緒に作ったハムニダ。
お坊ちゃんがニグロリーグ好きでたのまれたスムニダ。
その後、外貨獲得のためにオークションにだしたハムニダ。
また騙されて買っちゃったのねスムニダ。
いや~、こんなところで逢えるなんて思っても見なかったハセムニカ。大事にしてくれたまえハムニダ。
マンセー、マンセー。

いいなぁー。
ボボ・ブラジルのオート。
オレは大木金太郎のオート探してるんだよ。

オ・オズマ…。

オレは西宮で馬に負けた…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/8627371

この記事へのトラックバック一覧です: 偉大なニグロリーガー:

« こんなのどう思います? | トップページ | 映画サイレン 訳わからんよ! »