Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 本年もよろしくお願い致します&らあめん美春 | トップページ | 今年一発目はやっぱり・・・だね! »

2006年1月 2日 (月)

交渉人・真下正義!という映画

本日は昨年の暮れにDVDをレンタルして観た『交渉人 真下正義』に関して書きたいと思います。

mashita2mashita ←まずタイトルでは交渉人となっていますが、主役の真下(ユースケ・サンタマリア)は交渉人と言うよりもプロファイリングばかりしてました。

以前『踊る~』で出演していた袴田がやっていた役と重なって見えた部分がたくさんありました。

この作品は『踊る~』のスピン・オフ映画です。
『スピン・オフ』とは経営学で常用する言葉で「会社の一部分を分離し独立させる」と言う意味で、この映画は『踊る~』で脇役だった真下正義と言う人物を主人公とした映画です。

この映画は最初にぶっちゃけちゃうと導入部~中盤にかけては面白いのですが、後半部分~エンディングにかけてはビックリの内容です。
(ビックリってどないな意味やねん)

また矛盾だらけでありえない設定なんですが、テンポよくストーリーが展開してスピーディーで面白いです。
この辺は『踊る~』の製作者だなぁ~と感心しました。

アリキリの石井とユースケの掛け合い漫才は必見!
(あんな広報 あかんわ!)

司令室室長と線引き屋の二人のオヤジが登場して真下と絡むシーンが多数あるのですが、この二人が和久さん(いかりや長介)の役ところを見事果たしていました。
(このシリーズでは頑固オヤジの存在は欠かせんやんけ)

しかし、エンディング部分は完全に不完全燃焼!
で、犯人は・・・・
(最後の真下と雪乃さんのラブラブシーンは余計やったな)

詳しい内容は割愛しますので是非レンタルして観て下さい。
あらゆる矛盾を無視して純粋に楽しめば、かなり面白い映画だと思います。
(ちなみにわしは?と思った箇所が十数個あったわい)

この映画の凄いところは電車を扱っている映画なんですが、映画が公開になった時期に尼崎で脱線事故、DVDが発売になった時期に山形で脱線事故が起きていることです。

これって偶然ですかね?
(偶然やろ

最後に『踊る~』は『踊る大捜査線』で『踊るさんま御殿』じゃありませんよ!
(アホ わかっとるわいな)

ps 指揮者をやっていた西村雅彦ってオチはなんだったの?

« 本年もよろしくお願い致します&らあめん美春 | トップページ | 今年一発目はやっぱり・・・だね! »

映画 か行」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/7962548

この記事へのトラックバック一覧です: 交渉人・真下正義!という映画:

« 本年もよろしくお願い致します&らあめん美春 | トップページ | 今年一発目はやっぱり・・・だね! »