Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 武骨を食べて秋葉で萌えた夜 | トップページ | イチローよ 移籍した方がいいよ »

2005年12月 1日 (木)

オールドボーイ 禁断の復讐

先週の金曜日にレンタルしたDVDであまりにも衝撃的な作品だったので、ここで紹介したいと思います。

m040815a



この作品は『JSA』を監督したパク・チャヌクが2003年に製作したもので、主演は『シュリ』『ブラザーフット』に出演したチェ・ミンシク

韓国映画なんですが・・・
動画と静画のコントラスト
哲学的な揶揄が多い
コメディ部分の導入法や手法
映像のトーン
などはまるでフランス映画っぽいです。

コメディの部分についてはフランスのものよりセンスがよく笑えましたよ。
有名な映画で例えると『Taxi』に通ずる笑いのエッセンスを感じます。

原作はなんと日本の漫画で『アクション』で連載されていたようです。
またこの作品は復讐3部作中の2作目の作品で第3作目の『親切なクムジャさん』は只今上映中です。
ちなみに第1作目は『復讐者に憐れみを』と言う作品みたいです。
『復讐者に憐れみを』は以前レンタルして観たのですがあまり印象に残りませんでした。
『親切なクムジャさん』はレンタルして観る予定で映画館で観る気はありません。

ネタバレしない程度にストーリーを解説すると・・・

平凡な人生をおくっていたオ・デス(チェ・ミンシク)は、ある日、突然、誘拐される。

意識をとりもどすと見知らぬ部屋の中にいた。その日から理由も分からぬまま、監禁生活を過ごすのだった。

そして15年が経った、ある日、突然、ビルの屋上で解放される。

開放された彼は15年も監禁した奴に復讐すると誓うのであった。

そんな中、無意識に入った小料理屋?で生ダコに食らいつくオ・デスは気を失う。

そんなオ・デスを介抱してくれたのは、すし屋の板前、ミド(カン・ヘジョン)だった。

ミドはオ・デスの監禁生活中の日記を読み謎解きの手助けをしてくれることになる。

そんな彼の前に謎の男、ウジン(ユ・ジテ)が現れ、「5日間で監禁の謎を解き明かせ」とゲームを持ちかけてきた。

ウジンは「謎が解ければ私が死ぬ、だが解けなければお前が死ね」と、このゲームに死をかけるように持ちかけた。

ゲームの負けは死を意味するのだが、ウジンは「復讐は健康にいい」と薄笑いを浮かべているようなナルシスト男。

監禁中に食した中華料理店「青龍」を手がかりに、謎に近づいたとき、運命は過酷な結末を用意していた。

ここまでが序盤の展開です。

この映画は『なぜ15年も監禁されていたか』ではなく、『なぜ15年後に解放されたか』と言う部分がポイントとなっています。

エンディングまでで全ての謎は解明されるのですが、感想は○○○○○でした。

映画館ではR-15指定の作品だったみたいですが納得です。

この映画で得た教訓はズバリ

『自分はその気がなくても他人を傷つけている事が日常あるって事を意識して生きろ!』

です。

『いやぁ~~映画って本当に楽しいものですね!』とは言えない映画ですが、必見です。

« 武骨を食べて秋葉で萌えた夜 | トップページ | イチローよ 移籍した方がいいよ »

映画 あ行」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

初めまして、TBありがとうございました。

>自分はその気がなくても他人を傷つけている事が日常あるって・・・
そうなんですねぇ、自分じゃ解らないけど相手は・・・考えてしまいます。

私からもTBさせて頂きます。これからも宜しくお願いします。

TB有難う御座います^^
強烈な映画でしたね
感想については大いに同感です
僕も気をつけよう・・・って思いました

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/7421648

この記事へのトラックバック一覧です: オールドボーイ 禁断の復讐:

» 韓国映画「オールドボーイ」 [アヂュモニ日記]
「オールドボーイ」 < 出演者 > オ・デス   : チェ・ミンシク イ・ウジン  : ユ・ジテ ミド      : カン・ヘジョン < ストーリー > 平凡な生活を送っていたオ・デスは誘拐され監禁されてしまう。 そして15年後のある日突然釈放される・・・。 誰が なんの目的で監禁したのか?!オ・デスは復讐を誓う。 {/arrow_r/} オールドボーイ {/hik... [続きを読む]

« 武骨を食べて秋葉で萌えた夜 | トップページ | イチローよ 移籍した方がいいよ »