Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 苦い思い出?それとも試練? | トップページ | ’05 SP Legendary Cuts »

2005年11月 3日 (木)

衝撃の出会い

昨日、コメントをしてくれた似非トラビス ありがとうな
本人じゃないってわかっているのだが勇気が沸いて、元気モリモリ
(古い言い回しやな)
なんてな

トラビス・リーやJDドリューはそれなりの理由があってコレクションを始めたのですが、もう一つの大きな野望、そうですアレックスのオートを集めているのですが、何故コレクションを始めたのかと振り返っても理由が浮かびません。
(ごっつあんちょくやないけ)

しかぁ~~~し、ここ数年 一番熱中しているのがこのコレクションなんだよなぁ
じゃあ『なんでオート以外はコレクションしてないんだ』と言われるかもしれませんが、それに関しても特別理由があるわけでもないのです。
(なんやそれ)

そんな私が初めて自引きしたアレックスのオートといえば・・・・・・

         img139

←1998 Donruss Signature Century Marks #100

この頃のアレックス選手のAutoカードは貴重でした。

その中でも人気のあるシリーズのAuto自引きでビックリドンキー!



やった~ ’98Donruss Signature Century Marksです。

これを引いたときは感動でした。
しかも数Box購入したのですが、同じカードが2枚出たんです。
もう1枚はトレードで放出済みなので手元にはありません。
(そんな報告いらんわ)





また以前、イチロー選手がNHKのインタビューでアレックスに関してこんな事を言ってました。

『A-Rodは打撃は凄いし守備も巧い、それでいてとてもナイスガイなんだよ!
欠点らしい欠点が見つからない パーフェクトな選手ですよ。
しいて欠点をあげるなら服装のセンスがオヤジくさいってところくらいかな。』

私も同意見で本当に凄い選手だと思います。
ただ彼の欠点で服装のセンスもそうですが、あと2つ考えられることがありますが、あえてコメントは差し控えたいと思います。
どうしても知りたい方はメールでも下さい。
(そんな殺生な お代官様)

ヤンキースに移籍して2年ですが今後もガンガン活躍して、いずれアーロンやボンズのホームラン記録を塗り替える選手になるでしょう。
できればピンストライプのユニフォームで引退してほしいと思っています。

来年こそはワールドシリーズに勝ってチャンピオンリングを獲得してくれよな

« 苦い思い出?それとも試練? | トップページ | ’05 SP Legendary Cuts »

スポーツ」カテゴリの記事

トレーディングカード」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

MLB」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/6875358

この記事へのトラックバック一覧です: 衝撃の出会い:

« 苦い思い出?それとも試練? | トップページ | ’05 SP Legendary Cuts »