Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« アレックス様 丁寧に書いてね! | トップページ | 四つ木って何処? 中華麺家「まんまる」編 »

2005年11月10日 (木)

衝撃の出会い! 必見!

img154
←2002 Donruss Fan Club Franchise Features Auto

カルロス・ベルトランどぇ~す。





まずはこの写真を見てください。 (ごっつ 偉そうやんけ)

何の変哲もないベルトランのAutoCardです。 しかぁ~~~~~し・・・・

あれはたしか’01年で『そろそろ今年も終わりだぜ!』と感慨にふけり、秋と冬とが交わりあった様な肌寒く感じ初めの季節で、その日は前日とはうって変わりポカポカ陽気の日差しがやけに軟らかい心地のよい日でした。
(要は2001年の今頃ってことやろ!長いねん! で、何があったん?)

その日は仕事明けで午後から休日、私は目的もなくフラフラと歩き、おそらく小岩駅から総武線の上り電車に乗り車窓から見えるモノトーン調の景色を眺めていました。 
(恐らくって・・ってあんた 記憶喪失したんちゃうんか?)
いえいえ、ちゃんと平井駅の近くから見えるPONYの看板ははっきり記憶に残ってますから・・・・
PONY? わかったわ!あんた進行方向から見て右側の車窓を見てたんやな)
そこかい! 進行方向のどっち側なんてどうでもいいだろ!

で、再び記憶をなくした私はそのまま帰らぬ人になりましたとさ・・・メデタシ・メデタシ
(こんなんで終わり? で、カードの話はどうなったんや)

続き・・
思考回路が正常に戻ったときは両国の赤青の店内にいました。(いきなりかい)
2001年はイチローフィーバーでBOXの値段が高騰しており、また個人的にもオークションでシングルカードを買い漁っていた時期だったのでBOXで買う事はあまりありませんでした。

しかしこの日は『陽気もいいし、気分もいいし、せっかく両国まで来たんだから箱でも開けるかな』なんて意気揚揚と陳列棚を眺めていました。
新発売のカードは・・・・ これか フムフム 箱1Autoかぁ しかも’02のブランドじゃないですか、チェックリを見ると・・・アレックスのAutoも入っています。
よぉ~~し! これだ!と購入したのが’02DonrussFanClubでした。

その場でパックと格闘する事数分、出て来たのが上記のベルトランのAutoです。
でもこの時は気がつきませんでした。
もう’01年から始まっていた、今後に起こる恐ろしい業界の流れを・・・・

もう勘のいい方はわかったと思いますが・・・・ (何、もったいぶってんねん)
えっ! わからない (かわいそうな子なんやからヒントでも出したって)





そうです
Autoがシールに書かれていて貼ってある、いわゆる貼りAutoなんです。
(そや手抜きAutoとも言うわな)
以後、Donruss社は殆どのオートカードにこれを採用、Fleer社やUD社も呼応するかの如く数年後にこのシステムを導入!
今や貼りAuto全盛時代を迎えています
メーカー側にとっては経費削減などのメリットがあると思うのですが、買う側にとってはAutoが切れていたり、決まった面積にサインをするので味気ないカードになったりとデメリットばかりです。
Donrussさん! あっ! MLBから撤退したんでしたっけ?
FLeerさん!あっ!倒産したんだよな 
(とうさん、とうさんしそうだよ 上司I氏のギャク選より抜粋)
え~~~っと あとは・・・UDさん 直書きAutoでお願いします。
(どないお願いしてもUD社のメリケンがこないところ、見てるわけないやろ)

このカードが記念すべき自引きの貼りAuto第一号なんだとさ メデタシ・メデタシ
(強引にしめるな アフォちゃうか? 全然 めでたくないやんけ!)

« アレックス様 丁寧に書いてね! | トップページ | 四つ木って何処? 中華麺家「まんまる」編 »

スポーツ」カテゴリの記事

トレーディングカード」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

MLB」カテゴリの記事

コメント

最近はToppsも貼りハリオートですな。貼りオートだとありえないコンビネーションとか出てきますね。あれは迷惑な話です。あとはシートで何枚も書かされるので、自然と手を抜きがちになりますね。やはり一枚、一枚丁寧に精魂込めて書いてほしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/7027552

この記事へのトラックバック一覧です: 衝撃の出会い! 必見!:

« アレックス様 丁寧に書いてね! | トップページ | 四つ木って何処? 中華麺家「まんまる」編 »