Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« ノスタルジック In 兆さん | トップページ | マック君、痩せちゃったね »

2005年11月25日 (金)

ある物語

あるところに女の子がいました。
彼女には故郷に両親がいますが現在は離れて暮らしております。
彼女は決して故郷に帰ろうとしません。
それは彼女が両親から愛されていないと思っているからです。
何故、愛されていないと思ったか、それは彼女が両親宛に手紙を書いても一度も返信の手紙が来る事がなかったからです。

あるところに男の子がいました。
彼には物心が付いた時から父親がいなく、おまけに母親にも捨てられました。
その為、彼は笑う事を知りません。
今現在は、アカの他人と暮らしています。

あるところに女がいました。
彼女は飲み屋の女将です。
彼女の父親はずっと病気で入院しています。
その父親の治療費の為に借金をして彼女は売られてしまいました。

あるところに男がいました。
彼は青年実業家で小説家です。
しかし、彼の事業は右肩下がりで先行き真っ暗です。
小説の方も全然ダメで売れる兆しすら見えません。

しかし彼ら彼女らは決して不幸ではありませんでした。
何故なら彼ら彼女らにはそれぞれ人との絆で結ばれて、明日への希望があったからです。

この4人の人々の周りにはある家族がいました。
家族構成は父親、母親、息子の3人でありました。
この家族は裕福ではありませんが平凡な幸せを築いていました。
そしてこの家族も明日への希望を抱いて今日を精一杯生きていました。

そんな時代の物語です。

img188
本日、Always三丁目の夕日を観てきました。
昭和33年の東京が舞台になっているので私の生きた時代とは弱冠ずれているのですが、懐かしく思うシーンが満載でした。
ゴム動力のプロペラ飛行機で遊び、駄菓子屋で社交力を学びました。
湯たんぽ、白黒テレビ、真空管ラジオなどは実際に我が家でも愛用していました。

ハートウォーミング・ストーリーの王道をいく展開で3回は泣いてしまいました。

まんまと監督や製作者にしてやられました。

心にズンとくる映画でした。

« ノスタルジック In 兆さん | トップページ | マック君、痩せちゃったね »

映画 あ行」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

先に観にいかれたか。
私も今週行けたら行こうと思ってます。
大きな体で泣かないでください。
もうオジサンなんだから(ワラ)。

でも子供も面白かったから行くべきだと言ってたので
老若男女楽しめる映画みたいだね。楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/7315279

この記事へのトラックバック一覧です: ある物語:

« ノスタルジック In 兆さん | トップページ | マック君、痩せちゃったね »