Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月31日 (月)

何故? JD Drew?

まだパソコンがなくオークションの存在も知らず、箱開けとごく小さなコミュニティーでのトレードでコレクションを増やしている時に’98Donruss Signatureが発売され、これにはすっかり虜になってしまい、猿のごとくBoxを開けていました。
このシリーズはパックに一枚Autoが入っておりパックを開けるごとに一喜一憂した記憶があります。
(一憂ばっかりだったやんけ)

その中でAutoとは別にRookie Cardで将来を嘱望された選手のカードがあったんです。
それこそDrew様だったのです。
その風貌にも惚れ、彼のカードを集めることにしたんです。
その後、当時彼の所属していたカーディナルスに興味が沸き、好きになったのです。

これがその時に自引きしたDrewのカード達です。(はよ見せろや)

img131

150枚限定のProofが2枚

レギュラーカード(RC)が7枚

今はブレーブスを経てドジャースに在籍していますが、なんせ怪我が多くて伸び悩んでいるんだよなぁ~
でも彼が引退するまで、いや引退してもカードがリリースされる限りコレクションを続けていこうと思ってます。
(がんばりや)

ガンガレ! ドリュー 怪我をしない程度にね!
(どんな応援なんやねん)

2005年10月30日 (日)

カミング・アウト

本日は両国の赤青さん主催のカードショーに行きましたが、何も収穫はありませんでした。

箱開けでもすればここで開封結果でもできたのですが、そそられる箱がなかったので何も購入しませんでした。

プロフィールの欄にJDドリューとA-Rodをコレクションしていますとなっていますがそれ以前にある選手のカードをコレクションしていました。
今では恥ずかしくて人前では言ってませんが心の中ではいつも応援していますし、カードがあればトレードもしたいとも思っています。

その選手とは・・・・・・

ジャ~~~~~ン!

img127

                                                                                         

          

トラビス・リー選手です。
(ごっつマニアックやな)

このカードは’04 トップスクロームのレギュラーカードですがなんとヤンクスのジャージを着ています。
好きな選手が好きなチームに在籍した、誰がなんと言っても私にとってはお宝カードなんです。
そうです彼は1年間だけですがヤンキースに在籍していたんです。
しかし怪我があったと言え、成績は笑いが出るくらい悪く年間でヒットが2本ですよ。
打率も私の身長よりもはるかに低い .157ですよ。
俺でも打てるっちゅうの
(あかんあかん 打てるわけあらへんがな)

今シーズンは古巣のデビルレイズで .272 12ホーマーで、そこそこの成績だったので今後の活躍に期待したいと思ってます。
(あまり期待せんといてな)

2005年10月29日 (土)

超難関

私は基本的に

JDドリュー(レギュラー、インサート、メモラ、オート)のコンプリと
A-Rodのオートのみをコレクションしていますが、その他にもシリーズでコンプリを目指している物があります。
(むちゃくちゃ大変やな)

その中の1つに’98のスタクラのCosignerがあります。

集めようと思ったキッカケは自分でパックから引いた、いわゆる自引きした初Autoがこのシリーズのクレメンス/モリスだったのです。
それにデザインも秀逸(特にボールの部分)ですっかり虜になってしまったという訳です。

36種類あるんですが20種類まで集めることができました。
まだまだ半分近くありますがライフワークとしてコンプリを目指しています。
(まぁ気張りや)

明日は両国の赤青さん主催のカードショーに掘り出し物を探しに行きます。

img126

2005年10月28日 (金)

きっかけは チャンチャン グリフィー様

今シーズンはホワイトソックスが88年ぶりのワールドチャンピオンになり終了と同時に早くもストーブリーグが開幕しました。

その中でも私が最初に目に付いたのは

あのKen Griffy Jrが ヤンキースのセンター候補の1人としてリストアップされていることです。
(ほんまかいな)

http://www.major.jp/ws2005/news/news20051027-10980.html 

松井(秀)、A-Rodの加入以来、ヤンキースファンになった新参者ですが彼の加入はチームにとって諸刃の剣じゃないかと危惧しています。
(あんたに心配されとうないや)

確かに今年は3割超え、35本塁打、カムバック・オブ・ザ・イヤーに選出とここ数年来で一番成績がよかったのですが、なんせ怪我をするでしょう。

それにヤンキースの場合は補強ポイントが野手ではなく投手じゃないかと思うんですよ。
(そりゃそうやな)

では何でこの話題をピックアップしたんだと指摘を受けるかもしれませんが・・・

それは彼のカードで思い入れがあるカードがあるからで、ネタフリと考えて下さっても結構ですよ。
(なにぃネタフリやと)

で、そのカードとは

’89UDのルーキカード? いやこれです。(ベタなカードやんけ)

001_31






1997 UD Game Jersey

そうです ’97UDの初ジャージカードです。

このカードと’89年UDのグルフィーRCはMLBカード業界に革命を起こしたとされるカードで、このカードがリリースされた以降、各メーカーから次々にインサートカードやパラレル・カード、そしてスーベニア・カードが封入され始めました。

ちなみにこのカードの裏面はこんな感じです。

img125






私がMLBカードの収集を始めたのが’98年、それよりも以前に11PM(懐かしいやんけ)でトレーディングカードの特集をやっており、どこかのお兄さんがこのカードをどうしても欲しいようで

『¥60,000まで入札して絶対に落札しますよ』なんて意気込んでいました。

それを見ていて私のコレクター魂に火がつき現在に至っているのです。

’95年に野茂投手がアメリカに渡って大活躍した頃からMLBに興味はあったのですがカードを集めるキッカケとなったカードは、これなんです。
(そんな気張らんといてな)

UPしたカードは’01にe-bayオークションで落札したんですがカードを手にしたときには何か込上げてくるものがありました。
(二日酔いちゃうんか?)

それから8年が過ぎ、もう部屋の中は大変なことになっていますし、おまけに周りからは変人扱い、でもやめられないんですよ。

今後も変人扱いされつつも続けて集めに集めた自慢のコレクションを少しずつUPしていきます。
(どうぞご贔屓に)

トップページ | 2005年11月 »